気をつけて!恋の悩みを絶対に相談しない方が良い相手って?

気をつけて!恋の悩みを絶対に相談しない方が良い相手って?

恋に悩んでいるときは、その悩みを誰かに聞いてほしい!と思うことがよくありますよね?

ところが相談する相手を間違えると、状況がかえって悪化したり、最悪の場合は彼と破局したりするなど、とんでもないことになるってご存知でしたか?


あなたは「絶対に恋の悩みを相談してはいけない人」に、うっかり恋愛相談をしていませんか?


今回は、恋の悩み相談には向かない3種類の相手をご紹介いたしましょう。



噂好きなメンバーに言いふらされる危険が!「狭いコミュニティ内の他人」


「人の口に戸は立てられない」と言いますが、狭いコミュニティの中では秘密の相談でも、あっという間に全員に広まってしまうと考えるくらいがちょうど良いでしょう。


例えば、あなたの職場や趣味のサークル、あなたが学生なら同じクラスやクラブ活動などに気になる男性A君がいたとしましょう。


「彼のことが好きだけど、なかなか思いを伝えられなくてつらい」


そんな気持ちを、同僚の女性に相談したとしましょう。


数日後、そのコミュニティ内のあなたが恋愛相談をしたのとは別の人たち全員が


「あなたはAA君のことが好きだ」


とすでに知っていて、話のネタにされていた…ということは、残念ながらよくある話です。


あなたが相談したその人自身は信用に値する人間でも、コミュニティ内には必ずと言っていいほど「放送局」のようなおしゃべり好き・噂好きな人間がいるものです。


周りが信用できる人ばかりだと思っていても、狭いコミュニティ内での「今の話、絶対内緒にしてね」は通用しないこともあると、いつも頭に入れておきましょう。


生産性がない上にあなたの恋がうまくいかなくなる「女友達」


「気軽に恋愛相談できる人」として、真っ先に思いつきそうなのが「同性の友達」かもしれません。


しかし恋愛相談の相手としては、女友達は最も良くない相手だとご存知ですか?


なぜなら女性は「女性目線」での恋愛アドバイスしかできないからです。


たとえはあなたが


「最近彼からの連絡が少なくて…」


と相談したとしましょう。


同性の友達は、それに対して


「え~、それって絶対、ほかに女がいるよね!もう別れれば?」


など、あなたが考えているのと同じような返事しかしないでしょう。


しかし、男性の「彼女への連絡が少なくなる理由」は、往々にしてそうではない場合が多いのも事実です。


女性同士の会話は生産性のない「ただの愚痴のこぼし合い」で終わることも多く、これでは時間の無駄としか言いようがありません。


また、友達だと思っている女性が、あなたをひたすら追い詰める「隠れ性悪女」の場合もあります


彼女たちは友達ぶってあなたの恋を応援するふりをしながら、実はあなたの恋がうまくいかなくなるアドバイスをあえてしてくるのです。


そうやってあなたと彼の間をめちゃくちゃにぶち壊そうとするだけでなく、中にはあなたの彼氏の方が条件が良ければ自分の今の彼氏から乗り換えようとする悪意のある女性もいるので、要注意です!


人を追い詰める回答しかできない人が隠れている!「インターネット上のQ&Aサイト」


2018年12月をもって、ある女性限定の悩み相談Q&A掲示板サイトが閉鎖されることになりました。


この掲示板には、真剣に悩みを相談している相談者に対して親身に回答してくれるユーザーがいる一方で、「あなたが原因なんじゃないの?」と相談者を徹底的に追い詰めるようなコメントが書き込まれているのをよく目にしました。


たとえば、


「長年付き合って、長く同棲もしている彼氏がなかなか結婚をしてくれない。質問者自身は持病があって長時間働き続けることが難しいのだが『俺たちもう事実婚みたいなものだから』と言って籍を入れてくれない。


家賃や生活費・雑費は質問者とその母親が負担し、彼氏は光熱費のみ負担してきた。


質問者が別れ話をしたら、彼は『じゃ今まで俺が払った光熱費とデート代を返せ!』と逆ギレし、出て行ってくれない」


という投稿に対しては、多くのユーザーが


「その男はただのヒモ!彼氏が払った光熱費と、質問者様とお母様が払った家賃と生活費・雑費を相殺すると伝え、荷物ごと追い出してやれ!」


と、かなり怒りを感じていた様子でした。


しかし中にはこんな回答が書き込まれていました。


「あなたが病気持ちだから、彼は結婚してくれないんじゃないの?」


冷静に考えたら、質問者の持病が原因で彼が結婚できないというなら、質問者から彼氏への別れ話はすんなりまとまるはずです。


それなら、質問者はネットに悩みを投稿するまでもないでしょう。


何より、この回答には


「質問者に持病があるから悪い」


と責める気持ちが見え見えだと思いませんか?


匿名で悩みを相談できるメリットのあるインターネットのQ&Aサイトは、相手の顔が見えないということが逆にデメリットにもなり得るのです。


*


いかがでしたでしょうか?


恋の悩みの多くは、よほどのことでない限り、他人に相談して解決することはないと考えた方が良いでしょう。


どうしても誰かに相談したい場合は、誰が回答しているかわからない掲示板サイトなどではなく、専門家に電話やメールで直接相談できるサービスもあるので、利用してみるのもよいでしょう。


(Nona/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ