男性が「この子ともう別れたい……」と思ってしまうケンカとは

男性が「この子ともう別れたい……」と思ってしまうケンカとは

好きな彼とでも、時にはケンカになることも。わかり合いたくて自分の意見を強く言ってしまう女子も多いのでは?


でも、怒りの表現を間違うと、「俺たち合わないんじゃない?別れようか?」なんて言われることにも。


彼らが「もう別れちゃってもいいや」と思うケンカはこんな感じ!



そもそもケンカの回数が多い


男性同士でお互いの恋人について「最近どう?」と話す機会もありますが、そんな時、男友達からの自分の恋人へのダメ出しは、深く刺さることが多いよう。


「最近ケンカが多いなあ」「多いってどれくらい?」「直近だと昨日」「昨日(笑)それ、性格合わないんじゃないの」なんてやり取りも良く聞かれます。


そこで実際にケンカばかりしていると「いつもケンカになるし……確かに合わないかもなあ」という考えが頭に浮かぶこともあるのだそう。


彼女のことを身内感覚で気の許せる存在と考えがちな男性には「ケンカするほど仲がいい」は、あまり通用しないと考えた方が良さそう。


NG発言「なんでそういうことするの?」


女子を怒らせてしまった時は、男性も「まずかったかな」と思っています。


でもそんな時、一気に「謝る気もなくすしめんどくせえ」と思わせるセリフがコレ。


「なんでそういうことするの?」→「○○だからだよ」→「そんなわけないじゃん、何考えてるの?」または「理由はないけど」→「大した考えもなく行動して、結果がこれ?バカじゃないの?」


このように、理由があってもなくても責められることが確定した質問なので「何を言ってもムダだし、こういうときの女の『なんで?』はマジで腹立つ」という声も。


NG発言「じゃ、帰る」


一般的には、男性より女子の方が口が達者なことが多いですね。


女子の鋭い言葉で心を削られ続けるよりは、サクッとケンカが終わってくれたほうが嬉しいと感じる男性も多いですが、感情的な「じゃ、帰る」は例外なのだそう。


頭を冷やすために帰るならともかく


「だいたいの女の子は本当に帰る気なんかなくて、男が引き止めるのを待っているだけだから」


「引き止めなかったら怒るし、感情的に話を打ち切って帰る態度も子どもっぽい」というのがその理由。


確かに、女子同士のケンカで「じゃ、帰る」という人はあまりいないはず。


男性にだけ強硬手段に出てしまうのは、「察してちゃん」「図々しい甘え」と思われてしまうのかも。


NG発言「はぁ?」


「どんなに可愛いと思ってた彼女でも、一気に冷めるのがこれ」という声も。


男性が意見を述べているのを遮るように「はぁ?」と返すのは典型的なNGなのだとか。


女子の「はぁ?」に込められた軽蔑やイラつきを感じ取り「最後まで聞く気もないの?」「話をしてもムダだな!」と強く感じるのだそう。


また「コレを言うときの女の顔は100%ブスに見える」という男性も多いです。


うっかり言うと「ふてぶてしい女」に見えるらしいので要注意!


聞気返すときも「はあ?」ではなく「どういうこと?」にするなど、最低限の気配りは保った方が、2人の関係を壊さずにすむでしょう。


「一緒にいても幸せじゃない」と思わせないで


正直、カップルにケンカはつきもの。


でも、彼の言うことになんでも突っかかって、常時ケンカ状態にしていたり、気に入らないことにいちいち攻撃的な反応を返していると「付き合っても幸せじゃない」と思われてしまいます。


彼に感情をぶつけてスッキリ!ではなく「話し合い」という姿勢は忘れないようにしたいですね。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ