オシャレ男子にダサいと思われる!女子のファッション4つ

オシャレ男子にダサいと思われる!女子のファッション4つ

人並みにファッションは気にしているつもりだけど、オシャレでモテるカレから見てダサかったらどうしよう……。


素敵な男性に恋すると、そんな不安がありますよね。


今回は、オシャレ男子にダサいと思われる女子のファッションの4つの特徴を紹介したいと思います。



1、全身甘すぎコーデでクールさがゼロ


フリル、リボン、ピンク色、花柄など“カワイさ重視アイテム”をトップスにもボトムにも取り入れた「全身甘すぎコーデ」。


クールさがゼロのため、オシャレ男子から見ての共感ポイントが少なくイケてないと思われやすくなります。


オシャレ男子にとって、「イケている」とは「クールである」こと。


彼らがオシャレだと感じる女子のファッションにも、クールさが必ず含まれているものです。


恋すると愛されフェミニン系コーデに走りがちですが、セクシー系やモード系とミックスさせ、ちょっとしたスパイスを含むスタイルにしてみることをおすすめします。


2、一点豪華?でもナゼかボロいブランド品


全身をあまり主張のない無難な服で固め、カバンだけブランド物を持つという「一点豪華」ファッション。


このカバンの四隅などがボロいと、オシャレ男子はたちまちあなたを「ダサ枠」に入れてしまいます。


男性にとって、ブランド品=自分のポリシー、そして自分の分身であることが多いです。


大切に使わない気持ちは共感されません。


また、ブランド品なら何でも良いという考え方が垣間見える場合、オシャレ男子の精神に反するものとなることがありますので注意しましょう。


オシャレ男子から一目置かれたいときは、ブランドに敬意を払っている使い方や合わせ方をしているのか、よく見つめ直すことが大切です。


3、薄利多売の流行服コーデで個性なし


みんなと同じ格好をしないと仲間はずれにされちゃう……。


そんなティーン時代の感性を引きずって、とりあえず安く手に入る流行服ばかり身につけていませんか?


いくら流行とはいえ全身をプチプラアイテムで固めてしまうと、残念ながらオシャレ男子からはダサく見えてしまうことがあります。


彼らにとってファッションは一種の自己主張ツール。


みんなと同じような服、しかも全身薄利多売の量産品となると、彼らから「何の面白みもない大勢の中の一人」とみなされてしまいます。


たまにはかけるべきところにお金をかけ、大人女子として自分らしい表現スタイルを確立しましょう。


4、シックなつもり?ダーク色に顔が同化


黒やグレー、ベージュといった、シックなダークカラーで纏めたファッション。


クールな雰囲気を演出しやすい半面、何にも工夫がないと、オシャレ男子から「オーラの暗い人」「影の薄い人」といった印象を持たれてしまうことがあります。


そうならないように、赤リップやチークなどを用いてメイクで顔色を明るくするのもおすすめ。


ダーク色が持つ大人のムードをより引き立たせることもできるでしょう。


オシャレ男子はロマンチスト。


どんな服にどんなイメージを持つかよく研究しておくと、彼らに恋の予兆を感じさせる可能性も高くなりますよ。


大人の知性が表れたファッションを


オシャレ男子から支持されるのは、きらりと光る個性、秘められた自己主張、凛とした表情……といった内面の伴った大人の知性を感じさせるファッション。


女性として意識させるには、そこに華やかさをプラスすることも大切です。


自分の「らしさ」や「生き方」をもう一度見つめ直し、より素敵に変身してオシャレ男子たちに一目置かれましょう。


(ちりゅうすずか/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ