大好きだったけど…彼女と結婚はないなと思った4つの瞬間

大好きだったけど…彼女と結婚はないなと思った4つの瞬間

彼女を結婚相手として見られるか……。


彼女としては付き合っていけても、結婚相手として一緒に生きていくことはできない。


そう考えてしまう彼氏は、意外と多いようです。


結婚はないかなぁ……と思いながらも、別れられないなんて方も多いとのこと。


そこで今回「彼女と結婚はないな」と思った経験のある男性に、エピソードを伺いました。



小さなウソが多い


「アイドルみたいにかわいい彼女だったんですが……、とにかくすぐウソをつくんです。浪費癖を隠すために、買ったものをもらったと言ったり、合コンを会社の飲み会と言ったり。それ以外はよかったんですが……結婚相手としては無理かなと思って30になったのを機に別れました」(アパレル店員・31歳)


ウソをつくといってもいろいろありますよね。


でも、小さなウソが多いと、とてもストレスになります。

しかもそれが、自分のしたいことを優先させた突発的なものだとすると……。


やっぱり男性も、誠意のある人を結婚相手に選びたいようです。


お金の使い方がルーズ・派手


「同棲していましたが、お金の使い方がすごくて……。その場で欲しいと思ったら買う、という感じ。結局、結婚したとしても僕の収入に甘えるつもりだったみたいなので、別れたい気持ち半分、好きな気持ち半分でまだ一緒にいます」(会社員・33歳)


お金の使い方は、カップルにとってつきもの。

結婚を意識すればするほど、金銭感覚や価値観のすり合わせが重要です。


いまは、兼業主婦が求められるケースが多いので、まったく働く気がない、絶対的な専業主婦願望もNGという方が多いようです。


感情の起伏が激しすぎる


「女性は、生理だとか、ホルモンの変化だとかで、気分が変わりやすいので、精一杯フォローしますが、あまりに感情の起伏が激しいと、一緒にいるのがしんどくなります。いま付き合っている子は、怒ること、買うこと、食べること、などなど、すぐ我慢ができなくなる子で……好きだけど、結婚は無理かなって」(建設業・30歳)


男性は女性の感覚がわからないため、好きな子なら一生懸命フォローしようとしますが……。


やっぱり人間、限界があります。


「○○なんだから、○○してもらって当然」という意識はNG。

どんなときも、気遣う心がお互い必要不可欠です。


適当の加減が違ったとき


「以前付き合っていた子は、一緒にいると、すごく元気の出るいい子だったんです。でも、同棲を始めてみると、掃除やお金の管理など、あらゆることがズボラ。ことあるごとにイライラしてしまうので、結局別れてしまいました」(飲食店勤務・35歳)


ズボラが一概に悪いというわけではありませんが、潔癖な人とズボラの人では、いくら他で魅力を感じていたとしても、結婚生活を一緒に送るのは辛くなってしまいます。


ズボラな人同士、潔癖な人同士。

あるいは、ある程度相手に合わせることができるレベルの違いであることが、結婚できる相手の条件かもしれません。


感覚の違いは絶対にあるもの。


できるだけ早くすり合わせていきましょう。


おわりに


どんなに好きでも、ずっと一緒に生活することを考えると、また違った問題が出てくることがあります。


それが果たして、解消できる問題なのか、一緒に暮らすのが難しいレベルのことなのか……。


これが無理だった場合には、どんなに大好きだったとしても、結婚はNOとなってしまうことも考えられます。


二人の関係が悲しい結末を迎えないよう、日ごろから相手を思いやる気持ちを持って接していくことが大切です。


(橘遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ