『SUITS/スーツ』第5話あらすじ完全版

『SUITS/スーツ』第5話あらすじ完全版

11月5日(月)放送


■新章、スタート!超エリート弁護士、衝撃の過去





「幸村・上杉法律事務所」で2018年上半期の決算報告会が行われた。甲斐(織田裕二)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはNO.1だった。チカ(鈴木保奈美)は、賞品として甲斐と蟹江に歌舞伎のチケットを手渡す。



そんな折、大輔(中島裕翔)の元に遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入る。大輔は、祖母の結衣(田島令子)がケガをしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとした。すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大輔に指示する。

大輔は、運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かった。ところがその途中、赤城が不注意からトラックと追突事故を起こしてしまう。事故の相手は、「一二三運送」の運転手・糸井公一(半海一晃)。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配した。しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。赤城は大輔を気遣い、車を拾って警察署へ向かうよう告げる。





大輔は、遊星の身柄を引き受けた。遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしい。店側からは壊れた食器の弁償を求められていた。しかし遊星は、マンションや車を失った上、まだ借金を抱えているという。



甲斐は、糸井が示談を拒否しているとの報告を受ける。が、糸井の免許証のコピーを見て納得する甲斐。かつて甲斐は、糸井が経営していた会社「糸井ベアリング」と特許をめぐる争いをしていた。大手メーカーが、糸井ベアリングが新開発した低摩擦ベアリングを類似品だと指摘したのだ。その大手メーカーの顧問だった甲斐は、糸井の過去の申告漏れや取引先へのリベートの事実を突きつけて訴訟を断念させていた。それが原因で、糸井の会社は倒産していた。

糸井に会いに行った甲斐は、見舞い金を手渡そうとしたが拒否される。糸井は、甲斐との会話をこっそり録音しており、「希望通りの金額を用意する」という甲斐の提案を買収だと言い放つ。








甲斐は、事故現場を離れただけでなく、嘘までついていた大輔を非難し、この機会に遊星との関係を決着させるよう命じる。大輔は、ネットカフェで就職先を探していた遊星の元を訪ねた。大輔が訪ねて来た理由を察する遊星。大輔は、そんな遊星を飲みに誘い、とあるクラブを訪れる。が、ふたりの姿を怪しげな男たちが見ており……。



糸井が働いていた運送会社「一二三物流」は、蟹江が顧問を務める会社だった。甲斐は、一二三物流の上層部に頼み、示談を受け入れるよう糸井を説得してほしいと蟹江に依頼する。蟹江がその見返りとして要求したのは、伽耶子を秘書にしたい、というものだった。しかし伽耶子はそれを拒否し、ひと芝居打って諦めさせることに成功する。



大輔がドライブレコーダーの映像をチェックしていると、来客があった。それは、遊星と会っていたときにクラブにいた男たち――浅村(比留間由哲)と小柳(池原丈暁)だった。事務所を出た大輔は浅村たちに追われたものの、地下駐車場にいた赤城によって助けられる。大輔は遊星に電話するが、連絡がつかなかった。そこで大輔は、砂里(今田美桜)に電話し、遊星が戻ってくるかもしれないから部屋で待っていてほしいと頼む。



糸井は、甲斐との会話を録音したデータを加工し、脅迫される被害者を演じてそれをネットに流す。その影響で、甲斐との顧問契約を考え直したい、というクライアントも出始めていた。それでも甲斐は、赤城を守ることも自分の仕事だと譲らない。甲斐は、検事時代に赤城と知り合っていた。担当した強盗傷害事件の弁護側の証人が赤城だった。バンドマンだった赤城は、同じバンドのメンバーだった被告を守るために事務所から偽証を強要されていた。しかし赤城は、それを突っぱねて甲斐からの質問に対して真実を話し、音楽業界にいられなくなったのだ。





大輔は、ドライブレコーダーの映像から、糸井が一時停止義務を怠っていた可能性に気づく。だが、糸井が運転していたトラックは、そのときたまたまドライブレコーダーの記録用カードを入れ忘れていたという。

事故現場を訪れた大輔は、当時の記憶の断片から、糸井のトラックの後ろを走っていた清掃代行サービス会社の営業車を思い出す。その会社を訪れた大輔は、該当する車のドライブレーダーのデータを入手していた。



大輔とともに糸井の元を訪れた甲斐は、糸井が一時停止しなかったことを指摘する。しかも糸井は、法定速度も超過していた。糸井は、一からやり直すつもりで一二三運送のフランチャイズに応募し、ドライバー研修を受けていたため、どうしても事故の過失を認めることができなかった。そのために、甲斐との過去の因縁を持ち出したのだ。「私はこれからもクライアントを守るためならあらゆることをしますよ。たとえあなたと100回争っても100回勝つ」。甲斐は、糸井にそう言うと、ネットニュースの訂正記事を出すよう告げ……。



甲斐と大輔がファームに戻ると、浅村と小柳が待ち構えていた。小柳は、大輔が遊星の借金500万円の連帯保証人になったと記載された紙を見せた。

大輔は、決着をつけるために浅村たちに会いに行く。そこで大輔は、浅村と小柳が過去に犯した違法行為を調査した資料を突きつけ、遊星を解放させる。

遊星は、涙をこらえながら大輔への恩義を口にする。大輔は、そんな遊星を制し、恩を感じているならもう自分に近づくな、と突き放し……。





別の日、『幸村・上杉法律事務所』に甲斐の元上司で、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)がやってくる。週刊誌等で汚職疑惑を報じられていた柳は、面倒ごとが降りかかったから手を貸してほしい、と甲斐に頼むが……。


見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『SUITS/スーツ』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分 


<出演者>



織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 磯村勇人 今田美桜 /國村隼/ 田島令子 小手伸也 鈴木保奈美




カテゴリ