彼との破局が近づいている4つの足音|聞いてないフリしていない?

彼との破局が近づいている4つの足音|聞いてないフリしていない?

【恋愛コラム/モデルプレス】最近、何だか彼と上手くいっていない…。でも、何が上手くいっていないのかよく分からない…。こんな風に悩んでいる女性は意外と多くいるものです。そこで今回は、破局が近づいているレベルを4つの足音に例えてご紹介。気づいていない足音があなたに迫っているかも…!?

♥足音レベル1:惚気より愚痴

これにはなかなか気づけていない人が多いです。

自分では普通に彼氏の話をしているつもりでも、周りから見たら「ただ彼氏の愚痴を言っているだけじゃん」となっている場合も…。

「最近、彼氏の話をするとなっても惚気より愚痴の方が圧倒的に多いな…」と思い当たる節があれば、破局の足音が少しずつ近づいている可能性があります。

最近、周りに彼氏のことをどのように話しているのかを考え直して、最近少し愚痴が多いなと感じたら改めて彼氏の良いところがどこなのかを考えてみましょう。

あなたが彼氏の愚痴を周りに言っているように、彼氏もまたあなたの愚痴を周りに言っているかもしれません。

その悪循環を引き起こさないよう、あなたの方でストップできることはストップすると良いですね。

♥足音レベル2:一緒に楽しめるものがない

付き合いたての頃は些細なデートも一緒に楽しめていたのに、期間が長くなっていくにつれて一緒に楽しめるものがなくなっている…。

このような壁に当たってしまうカップルは多くいます。

そこからどのようにしてお互いが楽しめるのかを模索できれば問題ありませんが、それができていないようであれば破局の足音が近づいている証。

どちらかのみしか楽しめないという状況は、破局の道を歩むだけです。

改めてデートプランを考えて、お互いが楽しめるものを計画しましょう。

♥足音レベル3:話し合いを避ける

お互いにぶつかり合ってケンカをした時も、話し合いができる関係性ならまだまだ改善の余地はあります。

しかし、彼との話し合いを避けるようになっているのであれば、破局してしまう恐れが…。

「彼の顔を見たくない」という怒りからの話し合いを避けるのももちろんですが、「彼に意見をしたら怒られる…」という恐怖心から話し合いを避けるのも危ないサイン。

彼と対等な関係を築けていないので、どこかで何か彼と格差が生まれてしまう可能性があります。

そうなってしまった時に苦しむのはあなた。

格差が生まれないうちに、対策を打っておくと良いでしょう。

♥足音レベルMAX:チャンスがあったら乗り換えようとしている

彼氏以外の人で素敵だなと思う男性が現れた時、その人に乗り換えようかな…と考えることが増えてきたら破局寸前。

彼への思いは消滅していると言っても過言ではありません。

“次のつなぎ”で彼氏と付き合っている気持ちが強いのであれば、彼にも失礼なのでしっかりと別れましょう。

今回、破局の足音を4つのレベル別でご紹介しました。

あなたが聞こえているのに聞こえないフリをしている、破局の足音はありましたか?

しっかりと聞き取って、彼との関係をどうしたいか考えるようにしましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
カテゴリ