あの子を誘いたい!男性が「デートしたい」ときに見せる行動

あの子を誘いたい!男性が「デートしたい」ときに見せる行動

女性をデートに誘うときには、男性もかなりドキドキするし戸惑ったりもするもの。


だからこそ、「デートに誘いたい」という思いは言動にも表れやすいので、それに気づいてあげることが大事です。



そこで今回は、男が「誘いたがっている」ときに見せる行動を紹介します。


「好きな食べ物」をリサーチする


デートに誘う際には、「まずは一緒に食事に行こう」と考える男性が多いでしょう。


なので、好きな食べ物は何なのかを、さりげなくリサーチしようともするはず。


好きな食べ物、好きなお酒、気になっているレストランなどを聞いてきたりする場合は、食事デートのプランを練っているのかも。


「久しぶりに焼肉を食べに行きたい」とか「あの新しいレストランに行ってみたい」なんて、具体的に答えてあげると、男性がそのままデートに誘いやすくなったりもするものですよ。


「空いている日」を探る


当然ではありますが、デートに誘うからには誰だって断られたくはないもの。


だからこそ、「いつだったら大丈夫なのか」というデートの日程に関しては、男性もかなり慎重になるはずです。


「週末っていつも何してるの?」とか「来週って忙しいの?」などと聞いてくるのであれば、「空いている日」を探っている可能性も大。


どうしても空いていない場合でも、「再来週なら空いています」というように代替案を出してあげると、男性も断られたとは感じないことでしょう。


「デートに関する質問」が多い


「デートに誘いたい」という気持ちが強くなってきたら、自然とデートに関する質問が増えたりもしがちです。


頭の中がデートのことで一杯になっているので、どうしても聞かずにはいられなくなるのかも。


「理想のデートは?」とか「どういうデートが好き?」「どういうところに行きたい?」なんて聞かれたのなら、あなたを誘いたいという思いも大きいのでしょう。


ただ、そこで実現が難しいようなデートプランを挙げてしまうと男性も誘いにくくなるので、一緒に楽しめるようなものを答えてあげることが大事ですよ。


それとなく「一緒に帰ろうとする」


同じ職場の女性を誘いたいときには、帰宅時間を合わせようとしたりもするもの。


一緒に帰ることができれば、それは2人きりの時間でもあるので、アプローチを仕掛けたりもしやすいのでしょう。


また、「軽く飲んでいきませんか?」なんて、帰る途中に食事や飲みに誘い出すこともできたりします。


休日に改まってデートに誘うよりもハードルも下がるので、「まずは一緒に帰ることで距離を縮めよう」という思いにもなりやすいのかしれませんね。


おわりに


男性は女性をデートに誘う前に色々と下調べをしたりするものです。


なので、なんだかいつもと違う行動が見られたり、質問されることが増えてきたりしたら、あなたを誘おうとしているサインかもしれませんよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ