『SUITS/スーツ』第6話あらすじ完全版

『SUITS/スーツ』第6話あらすじ完全版

11月12日(月)放送


■消えた20億円の謎!敵は巨大投資詐欺グループ





甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。



蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社「アテナリゾート」の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。一輝は、妻に先立たれてから、華名とは上手くいっていないらしい。



同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移していることを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。死因は肺塞栓症だった。もともと小堺の持病だったため、蟹江の責任は追及されなかった。だが甲斐は、事態を複雑にした、と蟹江への怒りを隠せない。それでも蟹江は、小堺が倒れた際、毛利たちが救急車を呼ぶために数分間いなくなったことを利用して、その間に彼が罪を認めたことにしてはどうか、と言い出し、ますます甲斐を怒らせる。





一方、大輔は大学の研究室で環境学を学んでいる華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを建てたことが許せないらしい。しかも華名は、アテナリゾートが新株の発行を控えているために、1億円の件を公表できないことを読んでいた。華名は、金は島の住人たちに還元する、と言うと、大輔を追い返す。



大輔が帰宅すると、マンションの前で砂里(今田美桜)が待っていた。食事を作りに来たという。砂里は、大輔の祖母・結衣(田島令子)から手渡されたレシピも持っていた。砂里は、兄の遊星(磯村勇斗)に会ったことを大輔に伝えた。遊星は、故郷の静岡に戻って、仕事を見つけるつもりでいるらしい。



別の日、甲斐たちのもとに、轟フィナンシャル社長の轟慎之介(大高洋夫)が毛利たちとともにやってくる。そこで轟は、内部調査資料を甲斐たちに手渡し、横領したのは小堺だったと告げる。轟は、自分も小堺に騙されていた、と続けると、彼が香港の口座に移した金額と同額を内海財団に返すことで和解したい、と申し出る。それが、破産申し立てをしている轟にできる精一杯の誠意だというのだ。だが、真琴(新木優子)から、小堺が香港に移した金は彼の妻・和枝(幸田尚子)が株取引で得たものだとの報告を受けていた甲斐は、轟たちの提案に耳を貸さず、彼らを追い返す。



同じころ、大輔は、一輝とともに華名に会いに行っていた。しかし華名は、一輝に対して犯罪行為を棚上げするつもりなのか、と噛みつく。すると一輝も、華名を犯罪者呼ばわりし、ふたりはまともに話し合うことも出来ずにケンカ別れしてしまう。








「幸村・上杉法律事務所」にやってきた真須美は、和解提案を受け入れることも考え始めていた。だが、甲斐だけでなく蟹江もそれには反対する。轟たちは、最初から内海財団を騙そうとしていた可能性もあったからだった。



小堺の葬儀に参列した甲斐は、故人に罪を着せようとしている轟たちの行為を防ぎたいと和枝に申し出て、情報を得ようとした。だが、そこに蟹江が現れたことに怒り、甲斐への協力を拒む。



残業していた大輔と真琴は、出前を取ろうとする。テイクアウトできる良い店があると言ってさっそく買いに行く真琴。するとそこに華名が現れる。大輔のことを調べ、彼がニセ弁護士であることを掴んだ華名は、これ以上首を突っ込むなら、真琴に真実を話す、と脅す。その会話を、アソシエイトの健斗(岩井拳士朗)が偶然聞いていて……。





蟹江は、米倉に接触して脅しをかけ、轟フィナンシャルの裏帳簿を手に入れる。それを持って轟フィナンシャルに向かう甲斐と蟹江。すると毛利は、社内にスパイがいるとのウワサがあったためにニセの帳簿を作っておいた、と言い放ち、米倉を脅した蟹江を非難するとともに、前回提示した額の半分で和解してもいい、と言い出す。

報告を受けたチカは、いがみ合う甲斐と蟹江を一喝し、和解を受け入れようとする。チカは、それに反対する甲斐たちに、明日中に決着をつけるよう命じた。



大輔は、華名を訴えるとまで言い出した一輝から、ある話を聞く。島にリゾートホテルを造りたいと言い出したのは、ガンで他界した華名の母だった。一輝は、妻が存命中に何とかホテルを完成させようとして、環境審査で不正を犯してしまったのだ。母が闘病中にリゾートホテルの建設にかかりっきりになっていた一輝のことが許せなかった華名は、真実を知り、一輝が島民への説明会から戻ったらもう一度話し合うことを約束する。





大輔は、華名に頼んで、轟フィナンシャルの情報をハッキングしてもらう。そのデータを見た甲斐は、蟹江のもとを訪れ、「お前の力が必要だ」と告げる。蟹江が米倉から得た裏帳簿のデータは本物だったのだ。甲斐、大輔、蟹江の3人は、轟が利用しているシンガポールの銀行を調べ上げ、彼が資金を分散して隠していた8行を特定する。逃げられないと悟った轟は、刑事告訴しないという条件で全額返すと約束し……。



健斗は、匿名で大輔の経歴詐称を告発する手紙をチカに送っていた。それを見たチカは、甲斐と大輔を呼び、ふたりの目の前でハーバード大の卒業名簿をチェックする。するとそこには、ちゃんと大輔の写真があった。甲斐たちは、それが華名の仕業であることに気づき……。


見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『SUITS/スーツ』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分 


<出演者>



織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 磯村勇人 今田美桜 /國村隼/ 田島令子   小手伸也 鈴木保奈美




カテゴリ