許せない!男性の「デートすっぽかし」の兆候とは?

許せない!男性の「デートすっぽかし」の兆候とは?

タイプの男性と仲良くなり「いざデートしよう!」ということになったら、嬉しいですよね?

ところが、当日にドタキャンされたり、すっぽかされて会えなかったりという声は、案外よく聞かれます。


「だったら最初からデートの約束なんかするなよ!」と、ひたすら怒りを覚えますよね!?


悔しい「すっぽかし」の被害に遭わないために、実際にすっぽかしをしてくる男性にはどのような「事前の兆候」があるのかを、事前にチェックしておきましょう。



デートの誘いはあるのに、詳細がなかなか決まらない


ドタキャンやすっぽかしをしやすい男性によく見られる特徴の1つが、


「忙しい、忙しい」


を連発し、デートの詳細が当日まで決まらないこと。


普通に考えたら、


「次のデートは何時にどこで待ち合わせよう」


くらいは、前日くらいまでには決めているはずですよね?


ところが彼らの場合、そういった常識は持ち合わせていません。


ひどい場合には、


「今週末にご飯に行こう」


と約束していたにも関わらず、前日になっても連絡が取れず、気になったあなたの方から


「明日はどうする?」


とメールやLINEをすると


「あれ?明日だったっけ?来週にしない?」


と返ってくることさえあります。


仮に「来週にしない?」という延期の連絡がなく、無事にデート当日を迎えられても


「彼が起きてから、待ち合わせ時間を決める」


ということになり、なんだかんだで実際にデートできるのは夜だった…なんてことも。


このような男性は、あなた自身やあなたとのデートのことを「どうでもいい」と考えているだけでなく、そもそも恋愛自体が向いていない可能性がかなりあります。


彼ときちんと付き合えることになっても、これではあなたがいつまでも振り回されるだけでしょう。


本当か!?直前になって相手が病気に!


それでも


「とりあえず彼がデートの約束は守ってくれた」


というなら、まだ救いようがあります。


もっと悪いのは、デートの約束の直前や当日になって、急に音信不通になるパターンです。


デートの数日前~前日くらいになって、相手から突然


「急病になった」「親が倒れて、救急車で運ばれた」


などと連絡があり、


「だから、今度のデートには行けない」


と告げられます。


あなたは彼を心配して、急なキャンセルに応じることでしょう。


ところが数日後、その後の彼や彼の親の体調を案じたあなたが彼に再度連絡を試みても、返信はありません。


あっても


「落ち着いたら、こちらから連絡します」


だけ。


こうなったら彼とデートどころか、連絡さえつかなくなるのは目に見えています。


おそらく彼は、あなた以外にもっとタイプの女性を見つけたか、気が変わってデートをしたくなくなったのでしょう。


もしかしたら「めんどくさくなった」なんて思っているのかもしれません。


そんなふうにコロコロ気が変わる男性と一緒にいても、あなたが疲れてしまうだけでしょう。


ここは「向こうから離れてくれて落ラッキー!」くらいに気持ちを切り替えましょう。


アプリではマメにやり取りできていたのに、LINEを交換したら急に返信のペースが落ちた


また、出会いのきっかけがマッチングアプリだった場合にありがちなのが、


「アプリではリズムよくメッセージのやり取りができていたのに、『直接連絡を取り合おう!』とLINEなどの連絡先を交換した途端に、相手の返信のペースが落ちた」


というパターン。


恋愛アドバイス系のサイトなどで


「マッチングアプリで彼氏を見つけるには、LINE交換が必須!」


と言われていますが、実際にはデートの約束をしてLINEなど直接の連絡先を交換したとたんに、連絡のペースがガクッと落ちることは多いです。


そしてその後デートの待ち合わせ場所へ行っても、待てど暮らせど彼は来ない…なんてことも多いのです。


この原因にはいくつか考えられます。


・相手が「マッチング」することをゴールだと勘違いしている


・相手がやり取りを続けるのが面倒になった


どちらも、許せない理由ですね!



いかがでしたでしょうか?


これらの兆候のうち1つでも相手に見られたら、もはやあなたの方から


「今回のデートはキャンセルで!」「今後のデートの約束はなしで」


と、バッサリ切ってしまっても良いでしょう。


そもそも、このようなことをする男性は「相手の気持ちを考える」ということが苦手なことがほとんどです。


いくら彼の見た目がタイプでも、!あなたが彼と一緒にいるメリットは何もないと考えましょう!


(Nona/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ