周りに流されすぎ?男子が「俺も彼女が欲しい!」と思う瞬間

周りに流されすぎ?男子が「俺も彼女が欲しい!」と思う瞬間

女子に興味がなさそうな彼だって、ひそかに「彼女が欲しいな……」と思う瞬間があります。


そのタイミングを見逃さなければ、彼とのお付き合いも叶うかもしれません!


そこで今回は「彼女が欲しくなる瞬間」について、男性陣にリサーチしてみました。



1.周りが恋人だらけ


「いつの間にかサークル内がカップルだらけになっていたとき。『お前も早く彼女作れよ!』と言われて、ちょっと焦りがでてきた」(21歳/大学生)


男友達にひとりずつ彼女ができていくと、さすがにさみしさを感じるもの。


「この前まで一緒に遊んでいたくせに、彼女とイチャイチャしやがって……」「俺だって彼女がほしい!」と考え方も変わるようです。


もし彼の男友達とつながっているのであれば、あなたをプッシュしてもらうのもアリかも。


信頼する男友達が言うからこそ、彼もあなたを気にするようになるかもしれません。


2.落ち込んでいるとき


「就活がどうにもうまくいかなかったときは、自分を全否定されている気がしましたね。『こんなときに彼女でもいたら、少しは気持ちが違ったのかな……』って思いました」(22歳/大学生)


たとえば失恋したばかりの時や、学校での人間関係がうまくいかないときなど……。

「俺なんかどうせダメなんだ」と思っているときは、誰かに寄りかかりたくなります。


こういうときこそ彼にアプローチをするチャンス!


まずは「何かあったの?」と声をかけ、彼の話を聞いてあげましょう。


そして自分は彼の味方だと伝えることで、彼はあなたを「必要な存在」として思うようになり、好意を持つ可能性が高まっていきますよ。


3.イベント前後


「クリスマスムードのこの季節、彼女と楽しそうに街を歩を見ると『羨ましいな』って気持ちになる」(22歳/大学生)


クリスマスやバレンタイン前など……。

世間が浮かれ出すと、少なからず「俺も彼女がほしいな」と思うようです。


またおなじように、友人たちから彼女との楽しいイベント話を聞くと「俺も……」と考える男性が多いよう。


これからはイベントが盛りだくさんなので、いまからじわじわとアプローチをしていくと良いかもしれません。


彼がいる飲み会に参加したり、迷惑にならない程度にLINEを送って、「となりにいるのが当たり前」の存在を目指してみましょう。


おわりに


男性も周囲に触発されて、彼女がほしいと思うことが多いようです。


人の考えは、日ごとに変わっていくもの。


もし仮に、彼が「いまは彼女はいらない」と言っていたとしても真に受けず、アピールするタイミングを狙いたいものですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ