女にだってある!自然と男に伝える女のシタゴコロ

女にだってある!自然と男に伝える女のシタゴコロ

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。


女から男へのシタゴコロの匂わせ方はストレートでも僕は好きですが、ストレート過ぎるのは一部の男は喜んだとしても、たいていの男はひいてしまうのが現状。


その理由のひとつに、男は生れもって自分から獲物を捕獲したい生き物だからです。



今回は皆さんに、狙った男をおびき寄せるくらいのシタゴコロの伝え方について書いてみたいと思います。


自然なボディタッチでアピール


テッパンはボディタッチ。間違いなく体が触れ合うことで、お互いの気持ちが近づきますからね。


あからさまに、お酒の席で膝に手をおいたり、彼にもたれかかったりと、そこまでやれば、どんな男でも、気づくはずです。


ただ、ここまで露骨なボディタッチは「私は無理!」と抵抗がある人は、もっと自然なボディタッチの仕方を伝授します。


それは、彼が面白いことを言った時のリアクションを利用すること。


「もう!○○君、面白いんだから」というフレーズを言いながら、彼の体をポンと触る方法。


または彼の横隣り座り、化粧室に行くときの立ち上がるタイミングで彼の肩を借りて立つ方法。


何が大きな違いかと言うと、「彼の体に触れる理由」がそこにはあることです。


でも男としては、たまに、この子触り癖が誰にでもあるのかな?と勘違いされることもあるので、どうしても好意があることを相手にわかってほしいなら、あからさまに触ったほうがいいと僕は思いますね。


あいまいな言葉が効果的


男にシタゴコロがあるということは、カラダの関係をもってもいいというくらいの覚悟があるということ。


普通、男はそう理解します。二人で飲んでいる時に、できれば今日ゴールを決めたい男が必ず聞く、「明日の予定は?」という質問になんとあなたは答えますか?


正解は「ん~、よくわからないw」「午前中までゆっくりするつもり。」のように、「私は今日お泊りしても大丈夫だよ」というサインを出すこと。


このふわっとしたあいまいさ加減が、男をおびき寄せます。


逆に一番、男のテンションが落ちるのが「明日、朝早いんだよね」です。


何か理由をつけて乗り込む


最後は、「相手の城に行きたいアピール」です。男としても、女性から自分の家に行きたいなんて言われたら、ある程度の期待は膨らみます。


これも、ただ行きたいと連呼するよりは、何らかの理由をつけて、行きたいアピールをする方が自然。


例えば、「今度、手料理作ってあげるから行ってみていい?」や、彼との話の中で、自分の好きなアーティストのライブDVDや映画があるという情報を聞いたら


「それを見たいから家に行ってもいい?」のように自然な形でのアピールがベスト。


男も理由はともかく、家に行きたいと言っている時点で、女のそれとなーくなシタゴコロにはきづくはずです。


何かしら理由をつけてシタゴコロを伝えよう


男女ともシタゴコロはあるもの。ただ世の中的に男の方が言いやすい環境下ですので、そういう意味では女子は損かもしれません。


だから、何かしら理由をつけてシタゴコロ見せるテクニックを習得する必要があると思いました。ぜひ、参考にしてみてください。


(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ