容姿の差はないのに…モテるアラサーとモテないアラサーの違い

容姿の差はないのに…モテるアラサーとモテないアラサーの違い

20代というのは“若さ”というセールスポイント(?)的なものがあるので、何もしなくても男性からモテたり可愛がられたりしやすいもの。


けど、20代後半から30代半ばというのは、年齢とともに“若さ”というセールスポイントが徐々になくなります。そう、アラサーになるとモテるorモテないが顕著に出やすくなるのです……。


アラサーからは“若さ”ではなく、“人間味”勝負といったところでしょうか。


そこで今回は、モテるアラサーとモテないアラサーの違いについてご紹介したいと思います。



恋愛に対し気持ちに余裕があるか、切羽詰まっているか


モテるアラサーとモテないアラサーの、一番の違いがこれ。気持ちに余裕があるか否かでしょう。


極端な例かもしれませんが、独身男性よりも既婚男性の方が素敵に見えたことないですか?


独身で絶賛恋人募集中! 合コン三昧!……の男性って、どこかガツガツ感がにじみ出ているというか、ちょっと切羽詰まった感じがして、余裕がないですよね? となると、魅力もイマイチかと。


逆に、既婚者はすでに奥さんがいるので恋愛にガツガツしておらず、気持ちや振る舞いに余裕があります。魅力的に見えてしまうのもまぁしょうがないです。


これは女性も同じで、「早く彼氏を作らなきゃ」「早く結婚しなきゃ」と焦っているアラサーはやっぱりどこか必死感が漂い魅力に欠けてしまうもの。


焦る気持ちもわからなくもないですが、それがにじみ出てしまうと男性は寄ってきにくいので、むしろ『彼氏ができたらいいなぁ』くらい、少し気持ちに余裕を持っていたほうがいいかもしれません。


楽しく年齢を重ねているか、死ぬ物狂いて老いに逆らっているか


年齢も重ねると、老いの不安から「少しでも若くいたい!」と、体を鍛えたり、食事のバランスを考えたり、高価なスキンケア用品を使ってアンチエイジングに励んだりするアラサー女性もいるでしょう。


少しでも若くありたい! と願うのは、恋愛をする上でもいいことだと思うのです。その方がきっと心も体も健康的になれますし。


けど、そこに「楽しさ」がないとモテないし精神的にもよろしくないかと。


女性の中には必死こいて老いに逆らう人もいませんか?筆者のホステス時代に「年を取りたくない、老けるのイヤだ……」と美容整形に莫大なお金をかけていた子がいるのですが、どこか病的というか、何かにとりつかれたかのうようで怖かったです。


正直、お金をかけて見た目が綺麗になっても、”老い”という強迫観念に駆られているかのごとく無理やり若さを保とうしてる時点で美しくはないと思うのです……。


これを読んでいるアラサー女子の中にも、若者が使うような流行言葉やメイク・ファッションなどで無理に若作りをしてしまっている人がいるのではないでしょうか。


無理な若作りは不自然でどこか不気味な印象を与えてしまいます。正直モテには繋がらないかと。


ある程度、年相応の言葉遣いにメイク・ファッションの方があなたの魅力を引き出してくれる気がします。


年相応の知恵や知識、思慮深さがあるか


見た目がキレイでも(or可愛いくても)年相応の知恵や知識、思慮深さがないと、オトナとしてはどこか残念……。


正直、容姿がキレイなら男性は寄ってきます。短期的に付き合うのなら売りが容姿や若さだけでもいけますが、長期的に付き合うとなると容姿や若さだけではなく、内面的な部分もかなり大事になってきますよ。


特に知恵や知識、思慮深さなど知性につながるような部分はアラサーならある程度必要かと。厳しい言い方をすると、正直アホなアラサーはモテません。


ネイルをキレイに施し、一着数万円のワンピースを着て、バカ高いバッグを持っている意識高い系女子やキラキラ女子でも、一般常識がない、物事を判断する能力がない、衝動的な行動が多い……では『外見ばっかり磨いて、中身は磨いてこなかったんだな』と男性にがっかりされるだけです。それでは確実にモテません。


もちろん外見を磨くのも大事なのですが、内面を磨いて成長することも忘れないでください。


素敵に歳を重ねているアラサーがモテる


容姿の差はそこまでなくても、モテる・モテないに差が出やすくなるアラサー世代。


そんな中、男性の心を奪って尊敬すらされるアラサー女性は、素敵に歳を重ねている女性と言えるでしょう。


年相応の成長をし、楽しく年齢を重ねていれば、自然と魅力はにじみ出てくるものですよ。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ