バツイチ子持ちに無責任なボンボン…前代未聞の破天荒リーガルチーム結成!

バツイチ子持ちに無責任なボンボン…前代未聞の破天荒リーガルチーム結成!

2019年1月10日スタート 毎週木曜22時放送


■水川あさみ、中川大志、バカリズム、斉藤由貴がリーガルチームに集結!




後列左から)バカリズム、中川大志
前列左から)斉藤由貴、竹内結子、水川あさみ


 2019年1月期の<木曜劇場>では竹内結子さん主演のノンストップ・エンターテインメント『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』を放送! スキャンダルの裏側を主戦場に、情報を操作し、有利な方向へと人間心理を操るプロ、“スピンドクター”の活躍を描く異色なリーガルドラマです。主人公・氷見江(ひみ・こう)が働く鈴木弁護士事務所・危機管理部にはパワハラ、セクハラをはじめ、窮地に立たされた女性たちからの相談が日々舞い込んできます。そんな彼女たちを救うため、氷見とともに立ち上がる危機管理部のメンバーとして、水川あさみさん、中川大志さん、バカリズムさん、斉藤由貴さんの出演が決定! 個性派ぞろいの異色なリーガルチームがここに発足します!


水川あさみが髪をバッサリカットしボブヘアに…!


 水川さんが演じる与田知恵(よだ・ちえ)は氷見と同じく危機管理専門の弁護士。非常に優秀な与田は氷見の右腕的存在ですが、一度キレたら手がつけられない、負けん気の強い女性。一方で“超”がつくほどの恋愛体質という意外な一面も…。今作で初の弁護士役に挑む水川さんは、役作りのため髪をバッサリカットし気合十分! 「頭はいいですが、口が悪く、正義感があるような、真面目なようでどうなのか…(笑)。性格はブスな与田ですが、尊敬するかっこいい氷見さんの右腕のような存在なので、ブスがバレないよう頑張ります(笑)」と意気込みを語り、さらに、「それぞれの人物像もユニークで、役者陣も個性的なので、本番はキャラがぶつかり合ったりしています(笑)。そんなやりとりを楽しんでもらいつつ、今までにない事件性にワクワクしたりしてください」とメッセージを寄せています。


中川大志がお姉さまたちに振り回される…!


 駆け出しの弁護士、藤枝修二(ふじえだ・しゅうじ)を演じるのは中川大志さん。容姿端麗で、アメリカの最難関ロースクールを卒業した超天才…のはずが、天然ボケでマイペースな性格のため氷見や与田から厳しいお叱りを受けることもしばしば…。そんな藤枝を演じる中川さんは、「今まで学生役が多かった自分が、今回初めて連続ドラマでスーツを着た大人の役を演らせていただけるという事で、とてもうれしく新鮮な気持ちです。法律事務所のお姉さん達に振り回されながらも、負けじと食らいつく藤枝を視聴者の方に応援していただけたらうれしいです」とこちらも意気込み十分の様子。破天荒で個性的な集団の中、藤枝がどんな活躍を見せてくれるのか注目です!


バカリズムと斉藤由貴がチームに強烈なスパイスを!


 そして、このリーガルチームに強烈なスパイスを加えるのがバカリズムさん演じる、鈴木法律事務所の副所長である鈴木太郎(すずき・たろう)と、斉藤由貴さん演じる事務員の真野聖子(まの・せいこ)。鈴木は生粋のお坊ちゃまで、舞い込んできた仕事は氷見たちに丸投げするような向上心のかけらもない男。一見なにも考えていないように見える鈴木ですが、時折氷見たちをハッとさせるような鋭い意見を放ち、独自の嗅覚と洞察力を秘めた、クセの強い弁護士です。「“しょせん、父親の事務所だし”という無責任なノリで仕事をしているボンボンです。自分の上司だったら嫌です」と、バカリズムさんはシニカルに表現しています。

 一方、斉藤さんが演じる真野聖子は、バツイチ子持ちで何を考えているのかよく分からない謎多き事務員。高度なハッキング技術を持ち合わせていたり、フェイクニュースで世の中を混乱させたりと、その腕前は超一流。斉藤さんは、「私がいただいた“謎多き事務員”は、“謎多き”がポイントです。弁護士ではない“事務員”という役割なので、このチームにスパイス的、差し色的な表現を織り込んで行けたらと考えています。いずれにせよ、この5人はとてもいい感じ、と私は密かにほくそ笑んでいます」と、チームワークに手応え十分の様子! 個性と個性がぶつかり合いながらも、世の中の女性をスキャンダルから救い出すために奮闘する五人の活躍から目が離せません!


■番組情報


<タイトル>



『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』


<放送日時>



2019年1月10日スタート 毎週木曜午後22時~22時54分放送 初回15分拡大


<キャスト>



竹内結子 水川あさみ 中川大志 ・ バカリズム 斉藤由貴 他


カテゴリ