知らず知らずのうちに傷つけてない?男性が馬鹿にされたと感じる一言

知らず知らずのうちに傷つけてない?男性が馬鹿にされたと感じる一言

男性はプライドの生き物なので、ちょっとした女性の一言にカチンときたり、傷ついたりしています。


だから、男性とうまくやっていくためには、言ってはいけない言葉というものを知っておく必要があるんです。


そこで今回は、男性が女性に言われると馬鹿にされたと感じる一言をご紹介します。


もし、今回ご紹介する言葉をついつい言ってしまっているとしたら、今後は気をつけたいですね。



それ、常識だから


「ある女性と食事をしていたのですが、「それ、常識だから!」て突っ込まれたんです。彼女が賢いのは知っていましたが、なんか馬鹿にされた感じがして不愉快でした。」(20代/学生)


これ、男性のプライドを傷つける言葉なのですが、ポロっと出てしまったりしますよね。


常識は人それぞれ違ったりしますし、そのくらい学校で習って知ってるのが普通だよね、というような知識だったとしても、「それ、常識だから!」なんて言わずに、「こんなことも知らないなんてかわいい奴だな。私が教えてあげるね。」くらいの気持ちで接してあげると、男性との関係もうまくいきますよ。


私の言った通りだったね


「知り合いの女性に「だから、言ったのに…」て言われたのですが、こういう言い方をされると自分のことを馬鹿にされている気分になるし、イライラしますね。」(30代/営業)


男性のプライドがズタズタになるもう一つの言葉がこれ。


彼があなたの言うことを聞かず、そのせいで良くない結果が起こったからと言って、「私の言った通りだったね。」なんて言われてしまうと、ただでさえ失敗してへこんでいる彼の気持ちに追い打ちをかけてしまいますし、言い方がきつかったりすると、彼の怒りをかってしまうことも。


こういうときは、「今度は私のアドバイスにも耳を傾けてほしいな~。」と、次から彼があなたの言うことを聞かざるおえなくなるような一言を言うのがいいでしょうね。


〇〇君がね…


「付き合っていた彼女が、仲の良い男友達の話ばかりするんです。しかも、彼をほめるような発言も多く、そんなに良い男なら彼と付き合えばいいのにて思いました。」(20代/銀行)


直接的に男性を傷つけるようなことを言っていなくても、意外と男性が傷ついているのがこの言葉。


男性は他の男性と比較されるのを嫌がる人が多く、目の前で比べられるような発言をされるのをすごく嫌がります。


もし、あなたが男友達をほめるような発言をしてしまったら、その2倍くらいは彼をほめてあげると、その彼もそこまで嫌な気分にはならないと思いますよ。


おわりに


いかがでしたか。


どの言葉も普段の会話の中でポロっと出てしまうような言葉ではなかったでしょうか。


あなたには悪気はなくても、彼を傷つけていたり、怒らせてしまっていることもあり得ます。


今回ご紹介した言葉を言いそうになったときは、ぐっと堪えてご紹介したアドバイスを試してみるのがいいですね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ