大物芸能人もメロメロ!マダムからのおひねりも止まらない!花園直道って?

大物芸能人もメロメロ!マダムからのおひねりも止まらない!花園直道って?

11月28日『梅沢富美男のズバッと聞きます!』①





11月28日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』は、ゲストに朝田隆(東京医科歯科大学 特任教授)さん、音無美紀子さん、日本舞踊家の花園直道さん、雛形あきこさん、松本伊代さん、村井國夫さん、吉村崇さんを迎えてお送りしました。


■デヴィ夫人「知らないなんて恥ずかしいですよ」





今、ひとりの若手舞踊家がマダムの間で大人気。それが、「なおちゃん」と呼ばれる花園直道(はなぞの・なおみち)さん30歳です。花園さんは、日舞を洋楽に合わせて踊ったり、東大と共同で足腰を鍛えるオリジナル体操を開発したりと幅広く活躍。さらに、端正なマスクもあって、ひとたび舞台に立てば、マダム達からのおひねりが止まりません。その人気は芸能界にも浸透していて、藤あや子さん、伍代夏子さん、桂由美さんなど大御所も“メロメロ”。あのデヴィ夫人も「知らないなんて恥ずかしいですよ。うちのイベントに何回か出ていただいてます。まず非常に背が高くて、ハンサムでいらっしゃいます。踊りは古典から剣舞、そして津軽三味線が非常にお上手です。歌もできます。とにかく誰もが虜になります」とかなりの入れ込みよう。



そんな花園さんがスタジオに登場!「相当儲かってるんじゃないの?」と聞かれると、「入ってきた分、衣装に全部飛んでいってしまいます」、「一番すごいプレゼントは?」との質問には、「3桁くらいする着物ですね。それが一番高価なものだと思います」と返答。すると、梅沢さんが「今まで(おひねりの)最高は300万円くらい」と実体験を明かし、「踊っていたとき、舞台に100万円の束が3つバーンって投げられてドサッて落ちたんだよ。踊ってて、止まったらダメなんだよ。ゆっくり回らなきゃいけないんだけども、そのときだけは、パッと回ったね。なくなったら困るから」と再現してみせ、大きな笑いが起こりました。



もともと坂東流で日舞を習っていたという花園さん。17歳のときに「坂東三津五郎さんから直々にお名前をいただきまして」と、坂東蔦之龍を襲名。「坂東流の基礎を守りながら、梅沢さんのようなエンターテインメントをステージでやりたいと思いまして」と語り、梅沢さんの影響を受けていることを明かします。すると、今回のお目付役の池田美優さんが思わず「えっ、どこがいいんですか!?」と声を上げ、スタジオ中が苦笑い。



花園さん曰く「曲が一番好きで、学校に行く途中もCDプレーヤーで『惚れちゃった』とか、『恋曼陀羅』ですとか、いろんなものを踊らせていただきました」と告白。これを聞き、ニヤニヤとうれしそうな梅沢さん。再び「池田さんから「全然知らない曲ばっかで…」と言われてしまいますが、「こう見えても俺、オリジナル178曲持ってるのよ。当たったのは1曲だけなんだけど」と饒舌に語り、見事に笑いをとっていました。





■番組情報


『梅沢富美男のズバッと聞きます!』


<放送>



11月28日(水)22:00~22:54


【MC】



梅沢富美男


【お目付役】



池田美優


【ゲスト】



朝田隆(東京医科歯科大学 特任教授)

音無美紀子

花園直道

雛形あきこ

松本伊代

村井國夫

吉村崇(平成ノブシコブシ)



(※50音順)


【VTRゲスト】



デヴィ・スカルノ



カテゴリ