彼に「しつこい女認定」されるボーダーラインはどこ?

彼に「しつこい女認定」されるボーダーラインはどこ?

交際がはじまったら彼に重いと言われたり、彼に夢中で他のことが目に入らなくなくなったりしたことはありますか?


そんなあなたは、もしかしたら彼から「しつこい女」と思われているかもしれません。


そこで今回は、ここまでやったら、彼にしつこいと思われるというしつこい女認定のボーダーラインをチェックしていきましょう!



1、束縛が強いタイプの女のボーダーライン


束縛が強い系の女子は、LINEに関するチェック項目が主になっています。


・LINEがめちゃくちゃ多い

返事が来るまで何通もメッセージやスタンプを送信してしまう。


・なんでも疑い深い

「LINEしたのにすぐに返事が来ないなんて一体何してるの?もしかして、他の女と会ってるんじゃないの?」

「今日はなんだか冷たいな…私、愛されてないの?」


・彼の行動を全て把握していないと安心できない

休日に彼がいつ、どこで、何をしているのか気になって気になって仕方がない。


この3つに当てはまる人は要注意。いつでも連絡がとれて、既読かどうか確認できるツールであることから、彼のことを把握していたい人はついLINEが多くなりがち。


返信の時間も厳しく、行動について細かにLINEをする傾向にあります。


2、しつこいタイプの女のボーダーライン


LINEに限らず会ったときに「あの日なにしてた?」というような、過去の行動について探りを入れがちなしつこい女の特徴について、チェック項目を見ていきましょう!


・毎日したことを確認したがる

「昨日何してたの?」


・理由を詳しく聞きたがる

「なんで電話出なかったの?」


・1人でいたかどうかが問題になってくる

「誰と一緒にいたの?」


行動、言動……彼の過去の行動と、出かけた理由など、細かいところにまで渡って探り、自分の納得する答えが返ってくるまで、何度も問いただすのが特徴です。


あまりに度が過ぎてくると、もう俺のことほっといてくれよ!と彼が逃げ出すかも……?


3、独占欲が強い女のボーダーライン


続いて、独占欲が強い女性について。こんなやりとりには注意です。


・彼が他の女性と会話していると機嫌が悪くなる

「なんであの子とばっかりしゃべってるの」


・彼が一人の時間を楽しんでいても機嫌が悪くなる

「一人でも十分楽しそうだね」


・話し相手の女性に対して疑いをかけてしまう

「私の彼のこと、好きなんじゃないの?」「彼を狙ってるんじゃないの?」


寂しがり屋で1人でいるのが苦手なため、彼氏に依存しているという点が大きな特徴。


自分一人で楽しい時間を過ごされても嫌! かといって他の女性と仲良くされても嫌! つまり「わたしと一緒じゃなきゃダメ」という困った女性です。


しつこい女認定から逃れるにはどうしたらいい?


しつこい女認定されないためには、どうすればよいのでしょうか?


それは、自分の時間を持つことができるようになり、ひとりでも楽しく過ごせるようになることです。


具体的には、交友関係を広げる、趣味を持つといいですね。特に、興味があったけれど、やったことのない分野のサークルや教室に通う方法をおススメします。


サークルや教室に通えば、それが趣味となり、そこで友達もできて交友関係も広がります。一挙両得だと思いませんか?


お料理教室ならば料理の腕が上がり、彼氏の胃袋つかめるようになり、彼はますますあなたの元に居続けるようになる可能性が上がります。


他にもヨガ、ピラティスなどの運動系の教室に通えば、ダイエットになります。キレイなスタイルになったあなたに、彼は惚れ直すかもしれませんし、よりあなたのことを好きになってくれるかも!


あなたが自分のための時間を持つことは、結果的に充実した毎日を過ごせることにつながっていくのです。彼が夢中になるような自立した大人になり、より女性として魅力的になることを目指して過ごしてみてくださいね。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ