ポケモン 最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』(ピカブイ)のここが面白い!アローラ地方からのゲスト参戦やジョーイさんも登場!?

ポケモン 最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』(ピカブイ)のここが面白い!アローラ地方からのゲスト参戦やジョーイさんも登場!?

ついに発売した、話題のポケモン最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』(ピカブイ)。『ポケモンGO』とも連動しているNintendo Switchの注目ソフトです。


こちら、初代ゲームボーイ版『ポケットモンスター』と比べて、どのくらい変わっているのかについてまとめてみようと思います。ちなみにですが、筆者的は「 Let’s Go! ピカチュウ」の方をやっているのですが、控えめに言って神ゲーです。


そんなピカブイのどこが素晴らしいゲームなのか、Switchのスクショを混ぜつつ、見ていきます。


『二ノ国II』はシリーズ累計280万本を売った名作ゲーム!王道ファンタジーアニメ好きからアクションRPG好きまで楽しめる、国作りの物語!!

2018.10.11
『 遊戯王 デュエルリンクス 』「空牙団の飛哨リコン」ちゃんが可愛くて強いよ!という話

2018.07.22

このページの目次

1 主人公の性別が選べる2 ライバルがいいヤツ3 レッド/グリーン/ブルーがいる4 街や景色がリメイク5 ポケモンを可愛がれる6 野生は捕獲がメイン7 ポケモンのお着替えができる8 バトル演出9 連れ歩きができる10 シンボルエンカウント11 あのキャラクターたちが今風に12 その他
■主人公の性別が選べる


すでにポケモンのゲームにおいても、珍しい要素ではなくなっている性別の選択ですが、初代の世界観で女性主人公も選べるというのは、嬉しい要素な気もします。


どちらを選んでも大きな変化はありませんが、お着替え要素があるので、一応触れておきます。


とはいえ、主人公の着替え要素にそこまで力を入れている感じではないので、女性にしたから可愛いくできる!


というほどでもないです。


■ライバルがいいヤツ

今作のライバルは、主人公と仲良しです。

とにかくいいやつで、いろいろアドバイスをくれます。


シオンタウンでは、幽霊を怖がり一緒に行こうぜ的なノリになることも。

主人公を女性にしておくと、女の子に前を歩かせるちょっとへたれなライバルになるかも?


■レッド/グリーン/ブルーがいる


初代ポケモンといえば、レッドとグリーンですよね。


登場します。


グリーンが出てくるので、うっかりライバルにグリーンという名前をつけないよう、注意したいところ。

ブルーに関しては、すでにネットでは話題になっているのですが……筆者はまだ会えていないので、今は語らないでおきます。


■街や景色がリメイク


今作はNintendo Switchということで、とにかくグラフィックが美しいです。

初代ポケモンの世界観を、最新のグラフィックで再現!


感動できないわけがない!!



フレンドリィショップは今風になっていますし、民家のテレビは薄型で、Switchが置かれているところもあります。

ところどころセリフが変わっていますが、マサラタウンで見れる「かがくのちからってすげー」は登場します。


ゲームボーイの頃の世界観が、Nintendo Switchで生まれ変わる。

まさに、「かがくのちからってすげー」です。


■ポケモンを可愛がれる


今作では、ピカチュウ、もしくはイーブイと触れ合うことができます。

撫でて反応を楽しめるのは、ピカブイならでは。


たっぷり相棒をかわいがってやれます。


■野生は捕獲がメイン


ピカブイと従来のポケモンとの大きな違いは、野生のポケモンとの戦闘がないことです。

野生のポケモンは捕獲するか、逃げるか、逃げられるかだけ。

トレーナーとの対戦はありますが、捕獲がメインになっているところは、『ポケモンGO』を感じさせます。


捕獲に成功すると経験値が得られますし、戦闘がないため、倒される危険もなく、高レベルのポケモンを先にとらえてジムリーダーに挑む、ということも可能です。


厳選もやりやすいですね。


■ポケモンのお着替えができる


主人公を着替えられると言いましたが、ポケモンのお着替えも可能です。

正確にはピカチュウ/イーブイの着替えが出来ます。


おそろいの衣装をまとい、かわいい冒険することが可能です。


■バトル演出


グラフィックが進化したということは、バトルも派手になったということ。

ピカチュウの新技、「ばちばちアクセル」なんて技もあります。


進化したバトルの演出を楽しめるのもピカブイの魅力です。


■連れ歩きができる


こちらは、ピカチュウ/イーブイ以外のポケモンに対応。

手持ちの好きなポケモンを一体、連れ歩けます。


どんなポケモンでも連れ歩けるので、いろいろ試してみたいところです。

連れ歩いているポケモンは、草むらから木の実を見つけたり、噴水に反応したり、いろいろ見せてくれます。


■シンボルエンカウント


今作はシンボルエンカウントです。

野生のポケモンシンボルに触れることで、捕獲画面に移動します。


いらないポケモンはスルーできますし、「えっ、ポリゴンおる!?」みたいに、思いがけない出会いがあったりもしますので、面白いです。


■あのキャラクターたちが今風に


ジムリーダーの方々が今風のビジュアルで登場!


とうだけでなく、ミニスカートのような一般トレーナーもかわいいですし、なんとポケモンセンターにはジョーイさんがいます。




あと、きとうしがかなり可愛くなっています。





さらに、あのロケット団のムサシとコジロウも参戦していて……。



■その他

もちろん『ポケモンGO』との連動も魅力的ですし、なんとアローラ地方姿のポケモンや、アローラ地方からのゲスト参戦キャラクターも登場。


ただし、自転車・釣り竿・サファリパーク・スロットの廃止など、一部できなくなった要素もありますので、そこだけは要注意。


出てくるポケモンと居場所も変わっていたりしますので、新しい発見が沢山。


初代をプレイした人も、したことがない人も、いっぱい楽しめる神ゲーです。


ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ- Switch|Amazon


『 劇場版ポケットモンスター みんなの物語 』はこのポケモンに注目して!





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ