ブラッククローバー 第60話「離反者の贖罪」【感想コラム】

ブラッククローバー 第60話「離反者の贖罪」【感想コラム】

前回の ブラッククローバー では、仲間との連携でファナに一撃を決めたアスタ。


今回はファンゼルとダイヤモンド王国のターンです。


このページの目次

1 八輝将のマルスとラドロス2 ほしいものは無理やり奪っていく3 魔法を吸収4 マルスが動く5 切り札はやっぱりアスタ
■八輝将のマルスとラドロス

元ダイヤモンド王国軍の参謀にして、教育係だったファンゼル。

彼が向かい合うのは、ダイヤモンド王国の幹部・八輝将のマルスとラドロス。


マルスとラドロスは、ファンゼルの教え子でした。


「君たちはもう、昔の君たちではないんだね」


ファンゼルは二人を止めるべく、立ち向かいます。


画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会


■ほしいものは無理やり奪っていく

ラドロス曰く、ダイヤモンド王国の王は危篤だそうです。

魔女の女王の力があれば助かるそうです。そこでダイヤモンド王国軍は、魔女を皆殺しにしてでも、女王の力を手に入れようとしています。


ほしいものは力で手に入れる。


それがダイヤモンド王国のやり方であり、それを否定して亡命したのがファンゼルです。


ファンゼルは襲いかかる敵の配下たちを倒します。


魔女たちを指揮するマリエラと、魔道具で魔女のゴーレムを強化するドミナントも加わり、戦いは優勢。

けれど、ラドロスは以前にクローバー王国を襲った八輝将とは違い、強敵です。


■魔法を吸収

僕はたくさん殺したい――そう言って笑うラドロスは、快楽殺人鬼のように見えます。


かつてのマルス同様、ダイヤモンド王国の洗脳を受け、好戦的で残忍な性格になっているのです。


教育係だった頃のファンゼルは、マルスとラドロスに“力を正しいことに”使ってほしいと思っていました。


だから、間違った兵器になってしまった教え子を止めるべく、全力の攻撃をするファンゼル。


しかし、ラドロスは苦しむふりをして、ファンゼルの魔法を吸収しました。

魔法を吸収し、その力を放射する――ファンゼルの知らない、ラドロスの新しい力。


ラドロスはファンゼルの魔力で、ファンゼルの大切な人を奪うのだと言います。

自分の配下ごと、周囲を吹き飛ばすラドロス。


■マルスが動く


ファンゼルはドミナントを守りますが、ダメージを受けてしまいます。


「あなたが先生の大切な人ですか。やけちゃうなぁ」


ラドロスはそう言って、ドミナントを殺そうとします。


「僕は認められたいんですよ」


ラドロスは言います。


認められ、出世するために、邪魔するものは排除し、自分のために力を振るう。

ある意味純粋な欲求ゆえに、(そもそも洗脳されていますが)説得は不可能。


そこへ立ちはだかるのは、アスタと戦い記憶を取り戻していたマルスです。


■切り札はやっぱりアスタ

ブラッククローバー 第60話「離反者の贖罪」【感想コラム】画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会


関係ない人を傷つけたくない。

そんなマルスは、かつてのファンゼルの教えを受け、「オレの力は救うためにある」と、ファンゼルたちを魔法で回復させます。


任務は女王の確保。だから、それ以外のものを巻き込みたくはないマルス。

けれど、マルスのしていることは反逆行為。


それを嬉しく思い、ラドロスは「合法的にマルスをやれる」と興奮します。

出世のためには、マルスの存在は邪魔なのです。


マルスはファンゼルたちを連れ、その場を離脱します。


吸収と回復の魔法を持つファンゼルを倒す方法は二つ。


①吸収の許容範囲を超えた攻撃をする

 女王なら可能かも?


②アンチ魔法


というわけで、マルスたちはアスタの元を目指します。

しかし、アスタはファナとの戦闘中でした。



混ざってきましたね。


いよいよ次週、マルスとファナの再会です!!


それにしても、ラドロスは清々しいくらいの悪役ですよね。


ブラッククローバー 感想コラムのまとめ





ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!






第1話「アスタとユノ」
第2話「少年の誓い」
第3話「クローバー王国、王都へ!」
第4話「魔法騎士団入団試験」
第5話「魔法帝への道」
第6話「黒の暴牛」
第7話「もう一人の新入団員」
第8話「ゴーゴー初任務」
第9話「獣(けもの)」
第10話「護る者(まもるもの)」
第11話「とある日の城下町での出来事」
第12話「魔法帝は見た」
第13話「続・魔法帝は見た」
ブラッククローバー1クール目まとめ~今からでも観れるブラクロ~
第14話「魔宮(ダンジョン)」
第15話「ダイヤモンドの魔導戦士」
第16話「仲間」
第17話「破壊者」
第18話「追憶の君」
第19話「崩壊と救済」
第20話「王都集結」
第21話「王都騒乱」
第22話「魔法乱舞」
第23話「紅蓮の獅子王」
第24話「ブラックアウト」
第25話「逆境」
ブラッククローバー14~25話おさらい
第26話「手負いの獣」
第27話「光」
第28話「心に決めた人」
第29話「道」
第30話「鏡の魔道士」
第31話「雪上の追跡」
第32話「三つ葉の芽」
第33話「いつか誰かの為になる」
第34話「光魔法VS闇魔法」
第35話「裁きの光」





第36話「三つの眼」
第37話「魔力無き者」
第38話「魔法騎士団団長会議」
ブラッククローバー26~38話のまとめと「白夜の魔眼」について
第39話「三つ葉の敬礼」
第40話「黒の海岸物語」
第41話「水の娘成長物語」
第42話「海底神殿」
第43話「神殿バトルロワイヤル」
第44話「愚直な火球と奔放な稲妻」
第45話「諦めの悪い男」
第46話「覚醒」
第47話「唯一の武器」
第48話「絶望VS(バーサス)希望」
第49話「限界の先」
第50話「戦いの果て 絶望の終わり」
第51話「正しさの証明」
第52話「強い方が勝つ」
第53話「仮面の奥」
第54話「もう二度と」
第55話「ファンゼルという男」
第56話「続・ファンゼルという男」
第57話「潜入」
第58話「戦場の決断」
第59話「憎悪の炎」
第60話「離反者の贖罪」



(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ