彼とラブラブな関係を続けるための3つのメソッド

彼とラブラブな関係を続けるための3つのメソッド

縁あって付き合うことになった、いまカレとの関係――。


「近い将来、結婚できたらいいな」と、考えている女性もいるのでは?


あなたが「いいな」と思う素敵な男性なら、ぜひ前向きに関係を築けるといいですね。


でも、いままで交際経験が少ない女性にとっては、どう彼と付き合っていったらいいのか……。


ちょっと不安な気持ちな女性もいるかもしれません。


そこで今回は、彼とラブラブな関係を続けるための、3つのメソッドをご紹介します。


この3つを意識するだけでも、ふたりの関係は円満でいられる確率がグンと高まりますよ。



ふたりで共有できるものを作る


たとえばデート中、彼とおなじ飲みものを頼むとか。


おたがいに頼んだものを分けて食べるとか。


それぞれちがうものを食べるよりもおいしさがわかりますし、ふたりの気持ちが共有できますよね。


相手と付き合っていくなかで、この「共有」ってすごく大事。


なぜなら、共有できるポイントが多くなるほど、おたがいの気持ちがひとつになりやすいからです。


付き合っていくうえで、大事なのはおたがいの歩幅を合わせること。


相手がいま何を考えていて、どんな気持ちでいるのか。


おたがいに相手の気持ちがわかり、どう配慮できるかで、ふたりの居心地の良さが決まってきたり、関係がいい方向に変わってくると思います。


ぜひ仕事の愚痴や悩み、趣味など、共有できるものを増やしながら、関係を図ってみて。


共有できるものがあるほど、彼との仲が深まり、相手のことでわかることが増えるはずです。


相手の気持ちを尊重する


たとえば恋人が「〇〇に行きたい」と言っていたら、相手の行きたいところに行ってみるとか。


恋人が「クリスマスは、〇〇したい」と希望していたら、できるだけその希望をかなえてあげるとか。


相手のしたい気持ちをおたがいに尊重できたほうが、楽しくデートができるものです。


これはデートに限らず、ふだんの関係性にも当てはまります。


それこそ、彼が恋愛ではなく、仕事や友人関係を優先する人なら、その考えを尊重できる恋人のほうが、相手にとっては付き合いやすいでしょう。


相手が嫌がることをムリにさせたくはないですし、相手が幸せを感じられるような恋人でありたいもの。


相手に合わせた空間や雰囲気を与えられる人なら、相手も同じことに気づかってくれるはず。


いつまでも仲のいいふたりでいられるでしょう。


ふたりの時間を積極的に持つ


長い間ラブラブな関係でいるには、ふたりの時間をいかに持つのかが、大事になってきます。


長く一緒にいれば、おたがいに変わってくるでしょうし、ふたりの関係も変わってくるかもしれません。


そうしたなかで大事になってくるのが、おたがいの気持ちをしっかりと話し合う時間を持つことです。


デート、エッチ、LINEのやり取りなどなど。


すれちがいを防ぐためにも、ぜひふたりの時間を持つ工夫をしてみてください。


おたがいが相手の気持ちをわかる関係でいられるよう、ふだんから言いたいことを言ったり、不安にならない関係作りを心がけたいですね。


おわりに


これら3つのポイントをおたがいが意識できれば、ふたりの関係はきっとうまくいきます。


ぜひ付き合いのなかで、それとなくでも意識しながら、相手と楽しく恋ができることを願っています。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ