TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」【感想コラム】

TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」【感想コラム】

今回の『 うちのメイドがウザすぎる! 』は、みどりとつばめ回です!


同じ布団で向かい合って、頬を染め合うみどりとつばめが見られる貴重な回となっています。


も、もちろんミーシャちゃんも可愛いので必見ですよ!!


このページの目次

1  TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」あらすじ2 反動から生まれた性格3 一緒のお布団で…4 芽生える感情5  TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」感想
■ TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」あらすじ

しばらくの間、ミーシャの家で家政婦として、つばめと共に働く事になったみどり。


仕事を終えて帰ろうとすると、家の者が車で迎えに来ると連絡が入ります。みどりの実家は、超豪華なホテルを経営しているホテル王だったのです。それを聞いたミーシャは、みどりの家に泊まりたいと言い出します。おねだりして康弘を説得したミーシャは、つばめと共にみどりの家に泊まりに行く事に…。





■反動から生まれた性格

豪華ホテルの一室。みどりの部屋を訪れたミーシャは、あまりの広さに感動します。


「すごー!でっかいベッド!」と、両手を挙げてはしゃぐミーシャの隣に、豪華な部屋には似合わない素朴なテントがありました。


ミーシャは何でテントがあるの?と、みどりに尋ねます。


みどりは「いや…快適すぎるだろこの部屋。ラグジュアリー過ぎて息が出来なくなるんだ」と答え、テントで寝ているとミーシャに伝えます。


みどりは、ドMなのでテントで寝ているのかと思いましたが、幼少期から恵まれ過ぎた環境に息苦しさを感じていたようです。


話を聞いたつばめは、「二尉の性格はその反動から生まれたものだと?」と、みどりに尋ねます。みどりは間髪入れずに「そうかもしれん」と、つばめに答えます。


お金は大事ですし、あればあるほどいい物ですが、お金持ちならではの苦労があったのかもしれませんね。


幼少期から何でも与えられて許される環境では、本当の意味で楽しめる物にも出会えないような気もしますね。


それでも!!筆者は、お金持ちの家に生まれたかった!!(血涙)


■一緒のお布団で…

画像引用元:©中村カンコ/双葉社・うちのメイドがウザすぎる!製作委員会


ミーシャの命令で、大きいベッドに3人で眠る事になりました。ミーシャとつばめの間に、みどりを配置して、ミーシャは安全に眠りにつく事に…。


その一方で、何だか寝付けないみどりとつばめ。


「二尉邪魔です」と、顔を赤らめながら発言するつばめ。その言葉に「ひどい…!」と言いながらも胸がキュンと、ときめいてしまうみどり。


そしてみどりは、すぐ隣につばめの顔があると言う事に興奮して鼻血を流します。鼻血を流しながらも、2人は会話を重ねて…ゆっくりと眠りにつくのでした。


好きな人が、すぐ傍で寝ている状況。興奮しない訳ないですよね。


百合(゚∀゚)キタコレ!!と思いましたが、みどりとつばめじゃ…そういう事になる訳無かったよ…。残念!!


■芽生える感情

みどりは本を取り出し、新しい職を探そうとしていました。


その姿を見たミーシャは「あ、そっか…もうすぐ1ヵ月になるから、みどりんはまた無職になるんだ…」と、ちょっと寂しそうな表情を見せます。


職探しをしているみどりに対して、つばめは「職種の希望はあるんですか?」と尋ねます。


するとみどりは、「なるべくキツくて理不尽に怒られて、誰からも感謝されず、労働時間と内容に見合わない低賃金のところがいい…!」と頬を赤らめて興奮しながら答えます。


みどりの言葉にミーシャは「いっぱいあるんじゃない?」と困った表情になりつつもツッコミを入れるのでした…。


完全にブラック企業ですね…。ブラック企業を希望するなんて、本当にドM…。


ドMと言う言葉で片付けていいのか疑問に思ってしまいますね!


いつもの日常。つばめとミーシャがじゃれ合っている姿を見ながらみどりは、「メイドの仕事が終わってしまうという焦りも寂しさも、いつもならゾクゾクするのに…。ただ切ないのはなぜだろうな?」と、寂し気な表情を見せるのでした…。


■ TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」感想

TVアニメ『 うちのメイドがウザすぎる! 』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」【感想コラム】画像引用元:©中村カンコ/双葉社・うちのメイドがウザすぎる!製作委員会


今回、真っ先に思った事は…みどりが可愛い。歪んでいるけれど、常識をしっかりと持っているし…何より純粋!


今回のお話で、みどりはメイドを辞めて、今後出てこないかもしれないと思っていましたが、そんな事は無さそうだったので良かったです!


それにしても、実家がお金持ちと言うのは最高に強みですね。


幼少期から、あのような暮らしをしていたら性格が悪くなる気がします…。その点でみどりは、ある意味まともに育ったのかも知れません…ね?


今回のお話で、一番大丈夫かな?と思ったのはみどりの鼻血の量ですね。あまりにも鼻血を流し過ぎていたので怖かったです。鼻血で失血死とか笑えないですからね…。


さて、次回はどのようなお話になるのでしょうか…。


果たしてつばめが、みどりの事を抱く日は来るのか…!?(来ない)


文章:Kyouei-サイコ高橋


うちのメイドがウザすぎる!の各話も是非チェックして下さい!



TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第1話 「うちのメイドがウザすぎる!」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第2話 「うちのメイドにさらわれた」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第3話 「うちのメイドが忍び寄る」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第4話 「うちのメイドは幼女が尊い」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第5話 「うちのメイドはどこにでもいる」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第6話 「うちのメイドの昔のオンナ?」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第7話 「うちのメイドがいない家」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第8話 「うちの元メイドはお嬢様」
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第9話 「うちのメイドとあの日の出会い」

(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ