彼女がいる人を好きになったら…振り向いてもらうための気づかい

彼女がいる人を好きになったら…振り向いてもらうための気づかい

好きな人に彼女がいる。


そんな状況はつらいだけでなく、自分本位に動いてしまったり、気持ちが空回りしがち。


彼の一番になるためには、どんな気づかいが必要でしょうか。


ここでは体験談をふまえ、3つの大事な気づかいについて紹介していきます。



1.焦らずゆっくりと自分を見つめ直す


彼に彼女がいるとわかったら、どうしても気持ちが抑えられなくなりがち。


悲しくなってうちひしがれる人もいれば、焦って必死にアピールしようとする人もいるでしょう。


でも焦ってしまっては、彼が引いてしまうのはまちがいありません。


一番になるどころか距離を置かれてしまうかも……。


もし、焦ってしまいがちなときこそ自分を見つめ直してみましょう。


「早く綺麗にならないと……とか、お金を貯めないと……とか焦って、結局なにからはじめていいかわからなくなった時期がありました。


でも友達に話して、優先順位をつけながら、自分の良いところを磨くようにしました。


心を落ち着かせることができて、ちょっと道から外れた恋かもしれないけれど、自分の気持ちを大事に恋愛ができました」(20代女性・会社員)


外見でも内面でも構いません。


あなたの持っているアピールポイントは、なんですか?


すぐに思い付いて、彼にアピールできる方はそういないはず。


急がば回れという言葉があるように、焦ってもいいことはありません。


じっくり、自分を見つめ直して考えてみましょう。


2、絶対に彼女とは張り合わない


彼の一番になりたい!と思った人がやってしまいがちな行動が、彼女と張り合ってしまうこと。


彼の彼女に対抗意識を燃やすのは、まったくの逆効果です。


「彼女よりいい女でしょ?」「私の方がこんなこと出来るよ!」なんてアピールは、彼を委縮させてしまいます。


「彼女がいてもいいからと仲良くしていた子に、いきなり彼女よりデキる女モード全開で接してこられたときは、ドン引きしました」(20代男性・公務員)


そしてなにより、自分の彼女を比較対象にされて、いい気分になるような男性は少ないでしょう。


彼女と張り合って相手を下げるようなアピールをするより、あなただけの良さをアピールする方が得策ですよ。


3、都合の良いオンナにならない、させない


彼が望むなら……と都合のいい女にならない、させないことも大事です。


これも彼の一番になる為には必要なことです。


大切なのは彼の都合に合わせない、言い換えるなら「言いなりにならない」こと。


一番ではないのなら、彼女でなければやらないであろうことはやらせない、という強い意志を持つことが大事です。


一度許してしまえば、二度三度と繰り返し、結局あなたは一番になれないまま「都合の良いオンナ」になってしまうでしょう。


「一度だけなら、彼の希望を聞いてあげようと思って体の関係を持ったのが間違いでした。


一度したら何度でも……と、結局ただの都合の良いオンナになってしまいました」(30代女性・公務員)


いくら彼によく思われたくても、焦らずにいきましょう。


彼のためならと、なんでも許してしまう女子は一見、尽くしているようで幸せかもしれません。


ですが、なんでも許してしまうような都合の良い女は軽く見えるだけでなく、軽く扱ってもいいと思われてしまいます。


彼の一番になるためには、都合の良いオンナになるのは絶対にNGです。


おわりに


いかがでしたか?


彼女がいる人を好きになるということは、とても心を消耗するツライ状況です。


そして、この事実が明るみにでれば、あなたの心も今カノの心も大きくゆれ動くはず。


焦らず、気づかいを忘れずに、そしてしたたかに。


彼のハートをつかんでくださいね。


(コンテンツハートKIE)


(愛カツ編集部)



カテゴリ