高校生と共に開発!長いも&大根の新感覚“漬物”が誕生

高校生と共に開発!長いも&大根の新感覚“漬物”が誕生


100年以上続き、全国No.1の漬物専門店数を持つ丸越から、新製品「長いもバジル」と「ピンクゆず大根」が登場!

漬物需要の減少や若い世代の漬物離れが進むんでいる中、丸越は愛知県立愛知商業高校の学生とともに「若い世代」向けの漬物を開発。高校生のアイディアを取り入れたことで、今までに無い味付けや彩りの漬物ができあがり、若い世代の興味を引く漬物が完成した。

「長いもバジル」は、1cm幅の半月切りにした長いもにバジルとオリーブオイルを加え、甘酸っぱく洋風に仕上げた。バジルとオリーブオイルを使用することで、これまでに味わったことのない長いもが楽しめる。パンやサンドウィッチにも相性抜群だ。


「ピンクゆず大根」は、薄くスライスした大根を、ゆず果汁としそ梅酢を使用して香り高く可愛らしいピンク色に漬けた、さっぱりと爽やかな酸味のある漬物。漬物の定番で人気のあるゆず大根に自然の色を付け新しい形にし、若い世代にも親しみやすい漬物に仕上げた。

どちらも12月19日(水)より、一部店舗を除く全国の丸越店舗にて発売開始となるが、先行して12月18日(火)に金山駅(愛知県名古屋市)で実施される丸越の催事にて販売する。催事では16時頃から販売体験・商品PRのため、学生自ら販売を実施。これなら若い世代にも漬物が浸透するカモ!
カテゴリ