『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』最後の決断…運命の恋完結

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』最後の決断…運命の恋完結

12月13日(木)最終回放送


■完治と栞は再会を果たせるのか?運命の恋の結末やいかに!





瀧沢完治(佐々木蔵之介)は異例の人事で若葉銀行に戻ることになった。しかし、妻の真璃子(中山美穂)は家を出て行き、その原因ともなった目黒栞(黒木瞳)も姿を消してしまった。真璃子は日野冴(麻生祐未)の世話をする形で、春樹(藤原流星)の側にいる。栞は病の体をかばいながら地方の魚市場で働いていた。



銀行に戻った完治は、不正融資の内部調査委員会の委員長を任される。その矢先に、完治の同期で融資部長の井上英樹(平田祐介)が自殺を図ってしまった。一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送る。真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する冴。だが、冴は春輝との関係は今日までだと真璃子に釘を刺した。





真璃子は瀧沢家へ帰るが、バツの悪さから玄関前で迷っていると完治が帰って来た。真璃子に気づいた完治は一命を取り止めた井上の見舞いに連れて行く。完治は、不正融資は独断ではないだろうと聞くが井上は答えない。しかし、明らかに誰かをかばっていた。自分にはどん底を一緒に生きてくれる人間がいないと言う井上は、完治に真璃子を大事にするよう告げる。



不正融資の追求を続ける完治は真璃子に経過を話すようになった。真璃子も春輝の誘いのメールにもう会えないと断る。栞は記者会見に臨む完治をテレビで見ていた。その日、栞は自分の誕生日を1人寂しく祝う。帰宅途中の完治は栞に電話しているが、すでに契約を終えていた。完治は孤独であろう栞の幸せを願う。





銀行での完治の調査は遅々として進まない。不正に関わった者全員が口を閉ざしているからだ。そんな時、真璃子が井上の妻だけでも完治の味方になってくれればと、こぼした。早速、完治は井上の妻を訪ねる。彼女は不正の事情は知らなかったが、井上が家の留守電に入っていた上司の“消えろ”との言葉に反応して自殺未遂したことを話してくれた。録音されていた留守電の主は金田真之常務(伊藤正之)だった。完治はここから不正融資が金田ら幹部の命令だったことを突き止めて、この問題を解決する。





一件落着させた完治は、改めて真璃子に礼と謝罪を述べる。真璃子もそんな完治を素直に受け止め、2人は水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)の結婚を祝いに行く。よりを戻したのかと聡美に聞かれた真璃子は認めた。こうして完治と真璃子は元の夫婦に戻ったかに見えたのだが…。



翌朝、完治は真璃子に離婚届を渡された。すでに真璃子はサイン済み。驚く完治に、真璃子はこのままでも良いのだが、別の人生を生きることにしたと告げた。さらに真璃子は自分にも好きな人がいると完治に打ち明ける。動揺する完治だが、真璃子に何も言うことが出来なかった。



真璃子の決断を受け止めた完治は、自らの人生も変えることにする。窮地の銀行を救った完治には役員の椅子も用意されていたのだが、それを蹴って辞職。真璃子を残して家を出た完治は、1人、アパートに居を構えた。そして、完治は栞を探し始める。





栞は体をかばいながら魚市場で働いていたが、ついに倒れて救急搬送されてしまう。駆けつけた茅野緑(美保純)は、悪化している栞の病状を知る。心配する緑が栞の財布を取りに行くと完治の名刺や写真を見つけた。



一方、1人で外食していた真璃子に美咲(石川恋)からのメールが来た。無事でいることを知らせるメールに微笑む真璃子。と、覚えのない番号から電話が入る。思わず応答してしまった真璃子の耳に春輝の懐かしい声が飛び込んだ。冴が会いたがっていると言う春輝に誘われ、真璃子は日野家へ赴く。冴と再開した真璃子は完治と別れたことを話す。自分から離婚を切り出した真璃子を称える冴。そして冴は、春輝から離れるよう告げたことを真璃子に謝罪。これからも春輝を見守って欲しいと頼んだ。真璃子は冴の願いを受け入れる。





真璃子が家に帰ると郵便物の中に緑が出した完治宛てのハガキを見つけた。真璃子は完治に電話してハガキの内容を読み上げる。緑の文章は栞の完治への思いを綴るものだった。完治は急いで魚市場へ。そこで働く栞を見つけて抱きしめる。栞も完治への想いを受け入れた。



数年後…。完治と真璃子の元夫婦は、それぞれの幸福を見出していた。完治は栞、真璃子は春輝という新しいパートナーとともに…。


見逃し配信はコチラ


■番組情報


<タイトル>



『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』


<放送日時>



毎週木曜22時~22時54分


<出演者>



佐々木蔵之介 中山美穂 藤井流星 石川恋 礼二 麻生祐未 八木亜希子 黒木瞳 他



カテゴリ