干支でわかる!男性が別れを意識しているサイン

干支でわかる!男性が別れを意識しているサイン

なんだか彼の態度が冷たい……もしかして別れようとしてるんじゃ?


と不安に思っているあなたや、彼と別れたら生きていけない!


気持ちが冷めそうならすぐサインを知りたい!というあなたの道しるべになる占いです。


男性の干支別に、彼の気持ちが冷めて別れを意識しているときのサインと、関係修復のアドバイスを占います。



●子年生まれ…時間をかけて自然消滅


冷静で理性的な子年生まれの彼は、別れを意識し始めても、すぐにその気持ちを表に出しはしません。


デートの日をずらして延期したりして、時間をかけて自然消滅を狙うでしょう。


あなたと付き合うことで彼が得るメリットをさりげなく見せると、気持ちが戻るかも。


●丑年生まれ…突然言われそう


ニコニコしながら「君とは合わないかも」と女性からすると突然言われそう。


でも、彼的にはじっくり考えた上での発言で、覆すのは難しいかも。理詰めで来るなら理詰めで返して。


「好きだから関係を良くしたい」という理由が自分の理屈だと言い張るのです。


●寅年生まれ…ケンカのときにサインが


恋愛に関しては激情型の彼。気持ちが冷めてきていたら、気持ちが高ぶるケンカのときにそのサインが出がち。


「なら別れればいいじゃん!」と、本音が出てしまうのです。


恋愛初期の素直な態度に戻れば、彼も思い出して優しい気持ちになるでしょう。


●卯年生まれ…連絡が取りにくくなる


卯年の彼は惚れっぽいタイプなので、冷めるのも早いことが多いでしょう。


LINEに既読がつかなくなるなど、連絡が取りにくくなるのがサインです。


ライバルが現れると情熱が盛り返すので、友だちに頼んであなたのモテ情報を彼に流してもらって。


●辰年生まれ…微妙に他人行儀に


一見爽やかですが、実は感情のアップダウンが激しく、特に恋愛ではそうなりがち。


あなたを傷つけまいと無理に努力するので、微妙に他人行儀になるのがサインと言えそうです。


時々LINEはしつつも、しばらく距離と時間をおくと、関係修復へと向かいそう。


●巳年生まれ…束縛しなくなる


好きな相手は束縛しがちな巳年生まれの彼。気持ちが冷めてくれば、束縛がゆるくなるのを通り越して、束縛しなくなります。


冷めれば冷めるほど、あなたは自由になるはず。


この場合は、彼との恋愛をイチからやり始めるつもりで再アタック、が関係修復に効果的。


●午年生まれ…あなた以外で忙しくなる


あなたへの気持ちが冷めてくると、つまらない恋愛する時間はないとばかりに、趣味の時間が増えたり友達付き合いが多くなったり……


そんなサインが見られるのが、人間関係が豊かな午年生まれの彼。


その趣味や集まりに行ってみて。彼と楽しいを過ごし直すことが関係修復に。


●未年生まれ…他の女性に目が行く


未年の彼は、気持ちが冷めて恋愛に愛と癒しがなくなってくると、寂しくて他の女性に目が行きがちになります。


それを避けるには、あなたから愛情と癒しを彼にもっと与えればいいのです。


それによって、彼の気持ちも温かくなり、関係も良くなるでしょう。


●申年生まれ…優しくなくなる


プライドが高い申年生まれの彼は、気持ちが冷めてきた相手に優しくなくなります。


今までレディファーストをしてくれていたところをしなくなるなどは、要注意。


関係修復に効く方法は、あなたが「イイ女」になること。手放すには惜しいと思わせるのです。


●酉年生まれ…冷たい態度


理想が高く、相手を選ぶときに妥協をしない酉年生まれの彼。


そんな彼の気持ちが冷めてきたら、寒気がするくらい冷たい態度をしそう。


あなたが地雷を踏んだ可能性が高そうです。普段の彼への態度を思い返し、ワガママな部分を直しましょう。誠意は伝わるはず。


●戌年生まれ…ウンザリ顔が目につく


一度付き合ったら関係を継続させようとするのが、安定志向の戌年の彼。


しかし、それにアグラをかいていると、さすがの彼の気持ちも冷め、ウンザリ顔が目につきます。


関係修復法はカンタン。親しき中にも礼儀ありの精神と、きちんとしたオシャレをすればOKです。


●亥年生まれ…「つまんない」と言う


大胆で単純な亥年生まれの彼は、気持ちが冷めるとそれがすぐ「つまんない」「帰りたい」という言葉が出ます。


冷めるほどに、口にする頻度が高くなるでしょう。


しかし単純な彼なので、毎回楽しい気持ちにさせてあげれば、気持ちも戻ってくるでしょう。


●さいごに


気持ちが冷めてきたサインが事前にわかったら、対応策も早く取ることができます。


もし、こんなサインが出ていると感じたら、どうしよう……と悩んでいないで行動あるのみ。


彼の気持ちをしっかり取り戻しましょう。


(馴紫月/占い師)


(愛カツ編集部)



カテゴリ