どんなにイケメンでも離れたほうがいいダメ男の3つの特徴

どんなにイケメンでも離れたほうがいいダメ男の3つの特徴

ばっちり自分好みの顔をしている男子に出会い、しかも彼も私に興味を持っている……


となると、告白されたら間髪いれずにYES!ですよね?


けれど、顔ばかりに心をうばわれ、性格は二の次になってしまっていたせいか、付き合ってみたもののなんか楽しくない……


それでは、不健康な恋愛。


そんな事態を避けるためにも、今回は「どんなにイケメンでも離れたほうがいい男」についてご紹介したいと思います。


もし彼がイケメンでも、こんな性格なら、交際はちょっと考えたほうがいいかもしれません。



イヤミを言ってくる


独占欲がつよすぎるのか、友達と遊んでくると伝えたとき、こころよく「いってらっしゃい」と見送るのではなく、不機嫌になってしまうような彼はちょっと危ないかも。


「なんで友達とばっかり遊ぶの?」「俺にはあんまり会う時間割いてくれないのに、友達と会う時間は作るんだね?」


とイヤミを言って友達と会いづらくさせ、自分だけのものにしようとする彼、性格的に良いとは言えません。


友達と会うたび彼に毎回イヤミを言われたら、友達に会っているときも、ちょっと罪悪感が湧きますよね。


あなたを孤立させようとする彼は、イケメンでもやめておきましょう。


彼のせいで、友達と距離ができるのはおかしいですから。


頑固すぎる


優柔不断も微妙ですが、頑固すぎる性格も、恋愛においてはネックです。


あなたが優柔不断、もしくは柔軟性のある性格なら、頑固すぎる彼でもまだ付き合っていけるかもしれませんが……


頑固者と付き合うのは、なにかと我慢と苦労がつきものです。


自分の価値観が絶対で、自分の意見をいっさい曲げることがなく、あなたがなにを言っても自分の意にそぐわないなら即却下……


その積み重ねで、あなたが妥協するばかりな関係では、いずれあなたの心が持たなくなってしまいます。


恋愛は、お互いのバランスが大事ですからね。


顔がよくても、ゆずり合いができない男子はオススメしません。


被害者ぶる自己中


自分が不利な状況になると“可哀想な自分”を持ち出し、同情を買って、悪者にならないよう話をおさめる男は卑怯で自己中心的。


筆者の女友達の場合、彼氏が浮気をしたらしく……それをとがめたところ、


「親に虐待されて愛情がもらえなかったから、愛情が欲しくてしょうがない、だから浮気した」と意味不明な言い訳をしてきたそう。


あやまるどころか、“俺に愛情をたくさん注がないお前が悪い”と正当化したのです……。


ふつう、このタイミングでその話しますか?


可哀想な自分を演じて被害者ぶる男子に、ろくな人はいませんよ。


どんなにイケメンでも、こんな卑怯な男なら付き合う価値はありません。


あなたを大切にしてくれる人は、きっと別にいます。


顔がイケメンよりも心がイケメンな彼を


顔にほれると、性格も美化してしまうこと、ありますよね。


けれど、付き合ってみて「あれ?」と思うフシがあるのなら、今後の交際は、要考察ですよ。


いまはイケメンでも、年を取ればだんだん老けていきますからね!


どうせなら、心がイケメンの人と幸せになりましょう。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ