同じ内容でもこう違う!愛され女子と非モテ女のLINEの違いって?

同じ内容でもこう違う!愛され女子と非モテ女のLINEの違いって?

モテたければ、何も考えずになんとなくLINEを送っていてはダメ。


愛され女子はよく考えてLINEを送っています。


「でも、そんなこと言われてもLINEの違いなんて分からない!」確かにそうかもしれません。


そこで今回は、非モテ女のLINEはどこがいけないのか、愛され女子の送信内容はいったいどんなものなのか解説したいと思います。



暗さ・ネガティブさがない


非モテ女は、たとえば仕事で失敗したとき「朝から失敗続きです、もう絶賛へこみ中」と送りがち。


しかし、愛され女子は愚痴や暗い内容は男性には送りません。送るのは(送ったとしても)仲のいい女友達にです。


自分のことを分かってほしい、理解してくれる人と付き合いたい気持ちは分かりますが、それはまだ早いかも。送る相手によって内容は変えておきましょう。


愛され女子は「朝から失敗続きだけど、おいしいランチで上げてる途中(笑)」など、失敗してへこんだ気持ちを自分で治します。


「失敗した」と書いても「へこみ中」は書かないでしょう。「へこんだ」と言われても、彼はどうすることもできないからです。


返信の時間感覚の違い


愛され女子の時間感覚は、ほどほどです。


駆け引きで長くのばしたりしないけれど、速攻で返したりもしない。ちょうどいい時間感覚であり間隔です。


どんな内容でも即返信するのは「あなたが大好き」と言っているのようなもの。


最初から速攻だとバレバレです。愛され女子は、自分が愛されているかまだ分からない時期は、さすがに即返信はしません。


自分の話で完結しない


「原宿で超カラフルなアイス食べた♪かわいかったよ~でも超並んだ~」と非モテは自分の話。


しかも女子しか興味ないだろうと思われる話題で終わらせてしまうので「それがどうしたの?」と思われがち。


愛され女子は必ず相手に話題を振りますし、「アイスの話は興味ないだろうな」と見当をつけていますので、彼の興味あることにつなげます。


「原宿でアイス食べてきた(^▽^)/男の人はドン引きの色合い(笑)〇〇くん原宿行くことある?」


とまずは『男性から見たらこう思うだろう』というポイントを入れるのが大事。


そしてちゃんと男性が答えられるような『YES/NOで答えられる質問』を入れることで、次の話題に話をつなげていけるのです。


絵文字はどれくらい?


絵文字は大切ですね。事務的なLINEにはがっかりしてしまうので、かわいい絵文字をいくつか文末につけたいところです。


しかし、うっかりすると「好き」があふれてしまい、絵文字が多くなることがありますので気をつけて。


大量の絵文字、ものすごいヤバさですので。絵文字を大量につける非モテ女は少なくなりましたが、反対に「絵文字が少なすぎる非モテ女」はたくさんいます。


ネット用語は?


非モテ女がついつい使ってしまうのがネット用語。


クソワロタwwww

こマ??

これすこ

ンゴ


などは、友達ならかまいませんが、好きな彼にはやめておきましょう。


明るさが出るというより逆に暗さが引き立ってしまいます。


以前ほどネット用語に拒否反応を示す人は少なくなりましたが「知り合いが使う」とドン引きする人は多いです。


もちろん愛され女子は、そこまで想定済みですから使いません。


おわりに


いかがでしたか?


非モテ女子は、自分の気持ちや自分の言いたいこと、自分の感情でLINEを即返信したり、引きのばしたりします。


つまり、よく言えば正直ですが、自分を出し過ぎているのです。愛され女子のLINEはそこをうまく隠しています。


すべて分かってしまうとつまらなくなるのを知っているのです。


正直さは大切ですが、愛され女子になるためには、すべてあけすけにしないことが大切だと思います。


(たえなかすず/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ