これは引く…年下男子が思う「アラサー女子のありえない行動」

これは引く…年下男子が思う「アラサー女子のありえない行動」

年下男子くんと付き合いたい!


そんなふうに考えているアラサー女子の皆さん、実は男子的にもけっこうありみたいです。


年下男子くん世代の男性は、お母さんとは親子というより友達のような付き合い方をすると言われています。


そのせいか、年下男子くんの中にはお母さんと仲良く、一緒に買い物に行ったり遊びに行ったりする人も。


だから自分より年上なアラサー女子と遊びに行くということもあまり抵抗はありません。


あまりお互いの年齢の違いを意識していないというのが実情。ですが、年下男子くんから見たこれは痛い!と思うことがアラサー女子にはあるんです。


そんな「ありえない」行動とは?


年下男子くんと付き合う時には気をつけておきたい、年上女子にありがちな行動を紹介します。




すぐ「若いっていいね」と言う


アラサー女子にとって年下男子くんの一挙一動はとても新鮮で、昔の自分の若い頃をついつい思い出してしまうかもしれませんね。


そんな若々しい姿を見るとついつい口を出てしまう言葉は「若いっていいね」


でも、年下男子くんはその言葉を聞くと、その度に年齢を意識させられるようですよ。


特に気にもしていなかったのに、女性が自分たち世代とは違うんだということだけでなく、自分も子供扱いされてるんだという気になるみたい。


必要以上にベタベタする


年下男子くんの付き合い方は案外スマートな場合も。


暑苦しいことや泥臭いことを嫌います。草食男子とも言われている世代のせいもあり、潔癖症が多いのも特徴。


そんな年下男子くんの中には、洋式トイレしか使えないのに、外出先のトイレは直接肌がつくことに抵抗があり、トイレに行きたくても行けないと言う潔癖さ繊細さを持つ男子も増えています。


そんな中でたとえ女子とはいえ、ボディータッチに抵抗があるという人も多いんです。


その点アラサー女子は肩を叩いたり、ほっぺに触ったり、何気ないボディータッチを自然にしてしまう人がいますが、これが嫌がられる原因だったり。


また、ファンデーションの粉がつくのも嫌という人も。年下男子くんの距離感は意外と近くありません。


あまりベタベタしたり、近づきすぎたりしないようにしましょう。


ちょっとの距離なのに歩くのを嫌がる


年下男子くんはエコに敏感な時代に生まれたということもあって、アラサー男子と比べるとナチュラリストが多いのも特徴。


排ガスで自然が破壊されたり、ごみが増えたりするのは好みません。中にはエコを意識して通勤に自転車を使っている人も。


そんな時代の人たちなのでけっこうアウトドアが好きでハイキングや登山、マラソンなどを好みます。


アラサー女子の中にはハイヒールを履いておしゃれをしたり、大人っぽい装いをしたりする人も多いでしょう。


けれど、すぐにしんどい、足が痛い、タクシーに乗るというアラサー女子は興ざめしてしまうようです。


まとめ


その世代にはその世代ならではの特徴があります。誰もが普通と思ってきた距離感や価値観を壊されると不快な気持ちがしますしますよね。


そこは年上女子として繊細に付き合いたいものです。


その世代でないとなかなか気づかないところでもありますが、そこもまた新鮮で、年下男子と付き合うだいご味でもありますね。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ