気になる存在だけど……男子がアプローチを断念するきっかけ3選

気になる存在だけど……男子がアプローチを断念するきっかけ3選

会ったときや電話、LINなどでアプローチを続けてくれていた男子から、急にそっけない態度をとられるとびっくりしますよね。


気になる存在だと思いながらも、アプローチを断念してしまうことが男子にはあるようです。


今回は、男子の体験談をもとに男子がアプローチを断念するきっかけを3つご紹介します。



薬指の指輪を見たとき


「ずっと気になってる女の子がいたんですけど、偶然外でみかけて、声をかけようと思った瞬間、右手の薬指に指輪がはまっていることに気が付いて……。


あ、彼氏ができたんだな、俺のでる幕はないと、あきらめをつけました。


『最近連絡くれないね~?』なんて言われてるけど、胸が痛いだけです」(21歳/学生)


薬指の指輪で、恋人がいるかいないかを判断する人は多いようです。


本当に恋人がいる場合はいいでしょう。


しかし、恋人募集中のときに自主判断であきらめられて、アプローチをやめられてしまうと、さびしいですよね。


気になる男性と会うときは、たとえファッションリングでも、薬指にはめないことをおすすめします。


LINEの返信が遅すぎるとき


「LINEに既読はつくんだけど、返信に数日空いたりすると、脈がないんだなと判断してアプローチは断念しますね」(28歳/営業)


LINEの返信が遅すぎると脈なしと判断されて、アプローチを断念するきっかけになるようです。


気になる男性からのLINEは、その日のうちに返信するか、「今日は仕事がつまってるから、また後日ゆっくり返信するね」、


「この前は連絡ありがとう!気になってたんだけど、返事が遅れてごめんね」などのフォローを入れましょう。


いつまでも敬語をつかわれるとき


「後輩のかわいい女の子。なんどもアプローチしてて俺の気持ちはバレバレだと思う。


でも『タメ語でいいからさ!』って言っても、ずっと敬語をつかわれてて、距離を感じてます。


年の差は超えられないのか、と最近はあきらめ気味。アプローチする気力も失せてきました」(33歳/公務員)


年上の男性には敬語がなかなか抜けない、という女性は多いかもしれません。


でも、アプローチを受けている相手に興味があるのならば、敬語をやめてみてはいかがでしょうか。


おたがいを、より身近な存在として感じられるはずですよ。


自分の好意は分かりやすくアピールを


LINEの返信の遅さや敬語の有無などで脈なしと判断し、アプローチを断念する男子は多いようです。


男性からアプローチを受けたとき、自分も相手に興味を持っているのならば、男性に分かりやすいように好意的に返すとよいですよ。


(愛カツ編集部)



カテゴリ