彼の浮気を許したとしても言っておきたいこと

彼の浮気を許したとしても言っておきたいこと

彼が浮気をした。


そんなことがわかったら、ショックでおかしくなってしまうかもしれません。


ですが、ここで冷静に対処しないと、このあとの関係に響いてきます。


許せない気持ちも理解できますが、もし別れを選択したくないなら、どうにか気持ちに整理をつけなければなりません。


付き合っているだけのカップルには、法的な拘束力もないので慰謝料もないため、


続けていくのか、お別れを選ぶのか、結論はあなたが望むものなのかを、よく考えなければなりませんね。


とはいえ、ただ簡単にゆるしてしまうと、一度浮気をした人には、二回目もあるかもしれません。


再発防止のためにも、しっかりけじめをつけてお来ましょう。


今回の記事では、ここぞという時にやっておくべきことをアドバイスします。



浮気なのか本気なのかを確認すべき


彼が浮気をしたときに見極めないといけないのは、遊びのつもりなのか、それとも本気なのかということです。


もし本気ならば、彼を追い詰めれば追い詰めるほど、逆ギレされるかもしれません。


下手すると彼の方がお別れを言ってくるかも。


浮気されるということは、それだけ2人の結びつきにスキがあるということでもあります。


相手に熱中しているときにあなたに責められたら、あなたと別れて、新しい彼女と付き合いたいと思うかもしれません。


なので、浮気なのか本気なのか見極めて対処することが大切です。


浮気の場合はちゃんと怒って、「もうしない」という言葉と約束をしてもらう。


本気の場合は、別れたくないのなら、責めすぎずに情に訴えたり、ふたりで過ごした時間を思い出してもらえるよう、話しかけてみましょう。


次はないと伝える


浮気をされたら、一度はちゃんと怒ることが大事です。


1人でこっそり泣いていても、彼にはわかりません。


浮気が発覚したときはちゃんと怒って、「これだけ私は傷ついたんだ」としっかり伝えましょう。


男性のなかには、とくに罪悪感も持たず、浮気は男の甲斐性とばかりにくり返す人もいます。


ですので、ここでしっかり事の重大さを把握させておきましょう。


また浮気されたときは、おたがいの気持ちを確認するチャンスでもあります。


ちゃんと気持ちを伝えることで、それだけの愛情があったんだと、おたがいに再確認し、さらに深く結びついたためにも必要なことです。


一度怒ったあとは、引きずらないようにできるとよいでしょう。


浮気相手を忘れてもらう


彼が浮気を反省したら、浮気相手のすべてを忘れてもらうようにしましょう。


彼とよく話し合ったうえで、浮気相手のLINEや電話番号などは消去してください。


浮気相手につながるものが残っていると、なにかをきっかけに、また交際がはじまってしまうこともあるからです。


たとえ出来心だったとしても、一度好きになりかけた相手。


やりすぎなくらいに注意して、損はありません。


まとめ


浮気されたときこそ、大人の対応が求められます。


自分の感情だけで押し切ろうとしても泥沼になって、彼との関係が戻らない可能性も考えられます。


彼と別れたくないなら、しっかり反省してもらえるよう、きちんと話し合ってみてください。


また普段から、彼との関係にスキができないように程よい距離感を保っておくことも大切ですよ。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ