モテ女子はみんなやっている?飲み会後に連絡がくるLINE裏ワザ

モテ女子はみんなやっている?飲み会後に連絡がくるLINE裏ワザ

飲み会、一生懸命おしゃれしてがんばったのに、男子からの連絡がなかなかこない。


その一方で、すぐに連絡がくる女子が。


けっして美人じゃないのになぜ……


そう感じたこと、ありませんか?


今回はモテ女子がこっそりやっているLINEメッセージの工夫について、ヒントをお伝えします。



工夫1:連絡をあえて翌日にする


飲み会のその日にやり取りをしたからといって、次につながるとはかぎりません。


残念な女子は、とにかくはやく連絡を取ろうとしてしまいます。


一方、男子からすると「すぐ返事がくる」=「好意は持ってもらっている」ということで、


べつの女子を優先し、あとまわしにしても良いと考えてしまうようです。


LINEで「楽しかった」と送るにしても、あえて翌日にする。


これこそ、モテ女子がこっそりやっているワザなのです。


工夫2:印象にのこる言葉をかならず添える


たとえば、飲み会で5人の女子が参加していた場合。


男子は、社交辞令ふくめて、5通のメッセージを受け取ることになります。


モテ女子は、その5通のなかでいちばん印象にのこるような文面はなにかを、しっかりと理解しているのです。


LINEメッセージ上、


「きょう話した人のなかで、いちばんたのしかった」


「もしかして、ものすごく仲良くなれるんじゃないかなって」


「私の知ってる人のだれよりもセンス良いかも」


といったように、印象にのこる言葉をかならずLINEメッセージに入れ込みます。


そうすることで、まわりの女子よりもたしかに好意があるように見せ、男性の心を惹きつけているのです。


工夫3:相手が誘いやすいヒントをかならず入れる


モテ女子は、飲み会のあとこそ、積極的にしなければならないと考えています。


そこで遠慮していたら、ライバルには勝てませんからね。


連絡を翌日にずらす分、意思表示はとても明確で、わかりやすいもの。


興味のある男子には、LINEメッセージで「イタリアンが好きな○○です」「ディズニーに目がない○○です」と、相手が誘いやすいヒントをかならず入れます。


工夫4:相手が酔っぱらってLINEしてきても取り合わない


飲み会のあと、酔っぱらってテンションがあがっている男子は、いつもは送らないようなLINEを送ってくることがあります。


とつぜん「好き」という言葉を使ったり、シラフではなかなか信じられないようなメッセージが届くこともしばしばです。


モテ女子はたいていの場合、男子は翌日ものすごく反省することに気づいています。


当日のLINEはあまり取り合わず、翌日自分のペースで返してあげるとよいでしょう。


工夫5:興味がない男子には3日後にLINEをする


飲み会で注意したいのは、いろいろな男子とLINEの連絡先を交換した場合。


男子がウラでつながって、情報交換している可能性があるということです。


全員に似たようなメッセージを送ると「社交辞令」というかたちで男子に伝わってしまう可能性も。


モテ女子は、そもそもこういった心配をしなくていいよう、基準をもうけています。


いちばん興味がある男子には、翌日の朝。


つぎに興味がある男子には翌日の夜……。


興味が無い男子には3日目に、といったように、LINEの返事のタイミングをあらかじめ決めてしまい、


あくまで自分のペースだけれど、相手の男子に興味があると感じさせる。


そんな工夫をしています。


おわりに


今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?


せっかく飲み会でがんばるのであれば、そのあとも恋愛につながるように、男子から連絡がほしいですよね。


今回のヒントを参考に、モテ女子がやっている工夫をあなたのLINEにも取り込んでみてください。


(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ