職場で「うざい女」認定されちゃうNG行動3選

職場で「うざい女」認定されちゃうNG行動3選

職場では、まわりとの人間関係を意識することも大切ですよね。


自分主体になりすぎていると、まわりから「うざい女」だと思われてしまうことも。


今回は職場で「うざい女」認定されるNG行動をテーマに、男性たちに意見を聞いてみました。


自分自身はもちろん、まわりの誰かに当てはまっていないか、チェックしてみてください!



気になる男性に好意をアピール


「おなじ部署の後輩は、“○○のことが好きなんだろう”って誰が見てもわかる状態なんです。


なにかと話す機会を作ろうと必死だし、質問や相談はその人にしかしない……。


こういう行動、学生時代にあったなと、なんだか懐かしいくらいです。


好きになるのは自由だけど、仕事に支障が出ないようにしてほしい」(26歳/IT関連会社)


職場恋愛で気をつけたいのは、好意のアピール方法です。


こちらの体験談にもあるように、まわりの誰もがわかってしまうようなアピール方法はNG!


仕事に支障が出ない範囲でのアピールを意識して、休み時間や勤務時間外に声をかけてはいかがでしょうか?


差し入れの頻度が多すぎる


「新入社員の女性がよく差し入れをくれるのですが、頻度が多すぎてちょっと……とまわりは引き気味です。


最初は“いい子だな”って思ってたけど、毎日のように部屋にいる全員にお菓子を配って、“お先に失礼します”って。


お返しにとその女性にお菓子を渡しても、倍のものが返ってきます。これいつまで続くんだろう……?」(25歳/印刷会社)


職場での差し入れは本来、ありがたいと思われるもの。


しかし、頻度によっては煙たがられることも。


お返しをもらったからといって、倍返しするのも、かえって気をつかわせることになります。


ひと月に1度にする、仕事が忙しい日だけにするなど、ペースダウンも必要ですよ。


おしゃれを意識するあまり…


「“動きやすい服装で”と前日に指定があったのに、当日真っ白のトップスにふんわりしたロングスカートで現れたAさん。


作業中は服の汚れを気にしていたり、動きにくそうだったり。


髪が長いのでせめてまとめればいいのに……と思ったのですが、おしゃれを気にするあまり、そこもゆずれないんだろうな」(26歳/食品メーカー)


こちらの体験談では、女性が自分をよく見せようと、仕事よりもおしゃれを優先したことが原因で「うざい」と思われてしまっているよう。


職場で身なりを整えることは大切ですが、TPOに合っていなければ「うざい女」認定されるかも!


職場では自分の好みやプライドよりも、仕事であることを優先したおしゃれを意識しましょう。


立場を置きかえて考えてみよう


職場では、「まわりに迷惑をかけていないか?」を意識した行動をとることがポイント。


「こうするとまわりはどう思うだろう?」と、立場を置きかえて考えてみましょう。


職場でのNG行動は、ぜひとも避けたいもの。


なにげない行動を振り返ってみるのが、一番の近道かもしれませんね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ