井浦新の宣戦布告で、ディーン・フジオカと一触即発!?ディーンは吉沢亮とハグ

井浦新の宣戦布告で、ディーン・フジオカと一触即発!?ディーンは吉沢亮とハグ

1月6日(日)『レ・ミゼラブル』





1月6日(日)に放送となるフジテレビ開局60周年記念特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』。先日行われた完成披露試写会には、W主演を務めるディーン・フジオカさんと井浦新さん、山本美月さん、吉沢亮さん、香里奈さん、奥田瑛二さんが出席。作品は、重厚感あふれるサスペンスドラマながら、会見は笑顔あふれる楽しい雰囲気で行われました。ここでキャストのみなさんのコメントを紹介します。


■<キャストのみなさんのコメント>





Q.ご自身の役柄、撮影の思い出について



ディーン・フジオカさん/馬場純

「とにかく逃げました(笑)。走り回って逃げ回って、日本中。そんな中で、いろんな出会いがあって、そして“生かされている”っていうことを日々感じるような、そんな撮影の日々でした」



井浦新さん/斎藤涼介

「僕も、ただひたすら馬場純を追い続ける撮影になりました。原作では、ジャベールという役で、海外の作品では、ジョン・マルコビッチやラッセル・クロウなど、名だたる俳優がやってきた役をやらせていただけるということで本当に光栄に思い、やらせていただきました」



山本美月さん/不破唯

「ディーンさんとは、(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』で共演以来)短いスパンでご一緒させてただいて、また結ばれないという、かわいそうな(役柄)…(笑)。いつの日か、妹とかでいいから、幸せな関係性になれたらいいなと思います」



吉沢亮さん/馬場純(青年期)

「(馬場淳を演じる)ディーンさんとお話する機会もないまま撮影が始まり、どうキャラクターを作ればいいのか悩みましたが、とにかく純朴でいい青年なので、頑張って演じました」





香里奈さん/佐山梨沙子

「梨沙子は秘密を抱えている女性。あまり詳しく言えないので、とにかく見ていただきたいです。また、奥田さんとのシーンがあって、すごい怖い人なのかと思ってビビってたんですが(笑)、とても優しい方で楽しい現場になりました」



奥田瑛二さん/徳田浩章

「徳田は、馬場純を徳田育成園に誘い入れる、心が大きい人物。はじめてこういう役をやらせていただいて、とても楽しかったです。ディーンさんとは、ドラマの中では、電話のシーンで声だけで共演してまして、それが心残りといえば心残りですね(笑)」





Q.この作品は、平成を30年間に渡って描く大河ドラマでもあります。みなさんにとって「平成」とはどんな時代でしたか?



ディーンさん

「僕は、平成がはじまって、途中で日本から離れて、戻って来て。まあ、最初と最後は知っていて、真ん中が抜けてるみたいな感じだったんですけど、すごく変化の早い、大きい、そんな過渡期みたいな時代だったのかなっていう印象を持っています」



井浦さん

「平成元年は、僕が中学3年生なので、この30年は、14歳から44歳の間。“何者かになろう”と、もがき続けた30年だったと思うんですけれども、結局、今ももがき続けてるっていう。新しい元号になっても、同じなのかなって思います」



山本さん

「私は、平成しか知らないもので、人生のすべてといいますか、生まれてから今まで平成です。いい人生だった? 私自身は、いい人生だったと思っています。なんか、もう死ぬみたいな感じになってますけど(笑)。次の時代も楽しく生きていけたらと思います」



吉沢さん

「僕も、平成しか知らないので。小さいころから携帯電話もあったし、平成は、いろんなものが早くて便利って言われてますけど、僕は、便利な部分しか知らないから、どんな時代って言われても難しいですね。それこそ、僕も“人生のすべて”、という感じですね」



香里奈さん

「本当に、速度がすごく早く成長して、便利な世の中になったなというのが平成だと思います。個人的なことをいうと、自分の中では、“安室ちゃん”とともに生きた平成だったかなと思います(笑)」



奥田さん

「ジェットコースターのような時代だったなと思います。バブルがあって、ブラックマンデーがあって、リーマンショックがあって、全部調子に乗って。うちも、女房に言わせると、大邸宅3軒分くらい、全部飲みました。そういう意味では、平成を好きとか嫌いとか言えない感じ(笑)。それから、平成元年は、僕38歳。ディーンくんとか井浦くん、今、みなさん『カッコいい!』ってご覧になってますけど、僕は、もっとカッコよかったんです(笑)」


また、山本さんがセーラー服を着るシーンで、「『ババア』と言われるセリフがあって、ちょっと悲しかった」とコメントし笑いを誘うと、香里奈さんが「みんなの反感を買うくらい、すごくかわいかった」、ディーンさんも「すごい似合ってた」と絶賛していました。



会見がなごやかに進む中、ともに馬場純を演じたディーンさんと吉沢さんがスケジュールの都合で会うことなく撮影に臨んだと知った井浦さんが、「“チーム馬場純”は、うわべだけの関係なのでは!?」と突然の宣戦布告。ちなみにご自身は、「涼介の若いころを演じた“渡辺くん”のお芝居を、僕はちゃんと見に行きましたし、バトンの授与式をして握手と抱擁もして。完璧な状態で演じることができました」と自慢気。



これを聞いたディーンさんが「じゃあ、(僕らも)しときましょうか」と言い席を立つと、吉沢さんと握手&ハグ。さらに、吉沢さんが「ちなみに“清水(尋也)くん”ですよね?」とツッコむと、井浦さんが「ああ、(渡辺くんではなく)清水くんだ!」と、間違いに気づくというハプニングも。あたたかな笑いに包まれた会見となりました。





次回は、キャストが語るドラマの見どころをお伝えします!


『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』

文豪ヴィクトル・ユゴーの名作を、平成30年間の日本を舞台に置き換えてスペシャルドラマ化。過去に罪を犯し、別人に成り代わって生きる馬場純(ディーン・フジオカ)と、その事件の被害者遺族で、彼を追い続ける刑事・斎藤涼介(井浦新)。逃亡者と追跡者――ふたりの男の攻防戦を描きながら、そこに交差する多種多様な人々の心情を織り交ぜて描く、大河エンターテインメント。


■番組情報


フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』


<放送>



1月6日(金)21時~


<原作>



ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」


<出演>



ディーン・フジオカ 井浦新 

山本美月 

吉沢亮 

村上虹郎 

清原果耶 

松下洸平 

清水尋也 

福田麻由子

 ・

長谷川京子

 ・

金子ノブアキ 

富田靖子 

寺脇康文 

 ・

伊武雅刀 

かたせ梨乃 

香里奈 



奥田瑛二




カテゴリ