あったかくなる前に!いまこそやるべき「冬のモテ仕草」4つ

あったかくなる前に!いまこそやるべき「冬のモテ仕草」4つ

さむい季節は、なるべく動きたくない……。


そう思ってしまうのもわかります。


しかし、さむい冬だからこそできる「モテ仕草」があることをご存知ですか?


ちょっとしたことですが、覚えておくと、デートやお出かけのとき、彼をキュンとさせられるもの。


その後の、熱い展開が期待できるかもしれません!



太陽の光を浴びる


冬は、日かげと日なたの温度差を感じるもの。


晴れて、お日様の光がしっかり照っている日は、全身で太陽の光を浴びにいきましょう。


とはいえ外はさむいので、モコモコの防寒着姿で。


小走りで向かい、手を上げてプチ日向ぼっこしてみましょう。


さむい中にも自然のあたたかさを感じられることや、無邪気な姿に、彼の心もほっこりとあたたまるはずですよ。


カイロをあたためてから渡す


冬の必需品ともいえる「カイロ」。


お出かけの際は、かばんに予備もいれておきましょう。


彼が寒そうにしていたら、自分であたためてから、渡してあげてください。


すこしだけわざとらしく、彼の目の前でカイロを降ってから渡してもよいでしょう。


カイロ自体のあたたかさもそうですが、なによりも「あたためておいてくれた気持ち」に、やさしさと愛情を感じるはずですよ。


あたたかい飲み物をねだる


さむい日はやっぱり、あたたかい飲み物がほしくなりますね。


ぜひ、彼に「あったかいの飲みた~い!」とおねだりしましょう。


「ちょっと飲みたいから(コンビニに)買いに行ってもいい?」でもOK。


ただし、おねだりしてもよい関係かどうかは、見極めたうえでおねだりを。


あたたかい飲み物を買ったら、ほっペに当てたり、手袋をはずし両手でギュっと持ったりしてもかわいらしさを演出できます。


飲み物のあたたかさにほほえむと、そのしあわせそうな様子に、彼もキュンとするはずです。


信号待ちなどで小刻みに動く


さむいと、じっとしているのもつらいですよね。


でも、そんなさむい日にじっとしているときこそ、モテ仕草のチャンス!


たとえば、信号待ちや行列、バスや電車待ちといった場面で、ちいさく足踏みしながら、腕をバタバタさせてみましょう!


「動いてないとさむい!」などのセリフも、かわいさのアピールになりますよ。


もし、無言で見られているだけなら、相手の顔を見てほほえんで、「さむいね!」と言ってみるのもおすすめ。


そのほかには、ピトっと身体を寄せてみる、といったモテ仕草も。


おわりに


さむい日はなかなか「モテ仕草」なんて意識できないかもしれません。


しかし、そんなときだからこそかわいく見せるシーンも多いもの。


ただブリっ子しているのではなく、「さむいから」という理由つき。


不自然なこともなく、かわいさアピールが可能です。


ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてはいかが?


(橘遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ