古着ブーム到来中。古着の王道2パターンに合わせた全体バランスの良いメイクHow To♡


最近、また古着ブームがきてますね! もともと古着好きなので、このブームには嬉しくなっちゃいます。



ただ最近の古着ブームは系統が大きく2つに分かれています。



古着の王道2パターン



ひとつはメンズっぽさのあるカジュアルな古着で、もうひとつは、フランスのアンティークなワンピースを代表とするようなガーリーな古着のタイプ



どちらもかわいいけれど、合わせるメイクが一緒では味気ない。ということで、今回は王道2パターンにそれぞれ合わせたメイクをご紹介します。



カジュアル&おじさん系古着好きのメイク



ダボっとしたスウェットやメンズライクなパンツをかわいく着こなしている人が多いカジュアル系古着ファッションは、男子感が強いアイテムが多い分、メイクは程よく女子感を出してバランスを取るのがおすすめです。





illustration by machi




〜How To Make Up〜



ベースメイク…カジュアルという事もあるので、ファンデーションは塗ってる感少なめでツヤの出るタイプを。リキッドかクッションファンデが最適です。



チーク…ガーリー度を上げすぎても顔と服がバラバラな印象になるので、チークは肌馴染みの良い色をほんのり塗る。



リップ…そしてリップは色味をしっかり。赤やピンクの発色の良い物を選ぶと女性らしさが増して、男子の古着ファッションと一線を引くことができます。




でもここで重視してほしいのは、独特の質感や褪せた色が魅力のカジュアル系古着にマットのリップを選んでしまうと、フレッシュさが少なすぎて老けた印象になってしまうこと。



なのでリップはツヤがあるタイプを選び、メリハリをつけてあげてください



ガーリーでレトロなファッションのメイク



とろみのある生地と可憐な柄や形が魅力のアンティークなワンピースやコート、小物たち。女の子の胸がときめく要素たっぷりな古着もまた、今の流行のひとつですよね。



ヨーロッパ系の古着は1着でインパクトがあるものが多いので、メイクにも色をたくさん使ってしまうとうるさい印象になってしまう。かと言って、ノーメイクだと野暮ったい。



やっぱりここは、その服をおしゃれに着こなしていた当時の女性たちを見習うのがおすすめです。





illustration by machi



当時のメイクは、限られた物の中で最大限に魅力的になるための工夫がいっぱい。特に黒の使い方が素晴らしく、アイラインや付けまつ毛、眉の描き方のバリエーションが豊富です。




〜How To Make Up〜



アイメイク…シンプルなメイクに目尻にだけ部分付けまつ毛を付けたり、アイラインをかなり大胆に引いてみる。




お洋服が今の時代よりデコラティブな物が多い分、潔いメイクでバランスを取ることがポイントです。



また、コスメは全部マットな質感のもので揃え、きちんとメイクしている感を出すと、より一層レトロ感を演出できて気分が盛り上がります♩



古着と一緒にメイクも楽しんで





illustration by machi



今のファッションと上手にミックスするも良し、当時の時代のファッションそのままを楽しむも良し。



古着ブームはまだまだ終わらなさそうですから、メイクも色々合わせて楽しみましょう♡



カテゴリ