年下男子が思わずドキッ!大人の女性を気取る3つの方法

年下男子が思わずドキッ!大人の女性を気取る3つの方法

大人の女性はただ歳をとった女性のことをいうのではありません。


歳をとっても子供っぽい考え方の人もいれますよね。それでは、大人の女性とはどんな女性のことをいうのでしょう?


年下男子くんが思わずドキッとする大人の女性を紹介します。上手に使えば大人の女性を気取れますよ。



アドバイスは様々な角度からする


子供はいつも主観的な話し方をするものです。「僕はこう思った」「私はこうしたい」。そして、主観的に良し悪しを判断するものです。


ですが、本当は物事には両面があって、いい面もあれば、悪い面もあるものです。大人の女性なら、ぜひいろんな角度から物事を分析するようにしましょう。


年下男子くんの相談をしたいといったときは、「甘口の意見が欲しい?それとも辛口の意見が欲しい?」って聞いてみましょう。


例えば今の会社が気に入らないので転職したいという相談事だったら、甘口の意見だと、「仕事なんて辞めても次があるよ」ということになります。辛口の意見なら、「次にうつった先がいいとは限らないよ」ということになります。


先のことはどうかわからないけれど、フィフティーフィフティーの可能性で良くも悪くもあるということは大人でないとなかなか気づかないことですね。


若い時はどうしても自分が強く思っているほうが正しいと思いがちですが、そんな意見を言われたら、年下男子くんも感心してしまいそうですね。


感情的にならず冷静に話し合う


例えば彼とケンカしてしまった時、感情的になって泣いたり大声を出して叫んだりするのは子供っぽいですね。


大人の女性は感情的にならず、冷静に問題を話し合います。実際、感情的に泣いたり叫ばれたりすれば、男性はうんざりするでしょうね。


何か怒るべきことがあっても、ぷんぷん怒るのではなく、叱ったり諭したりするのが大人の女性でもあります。


年下男子くんも冷静に悪い点を分析して叱ったり諭されたりすれば、大人の女性にはかなわないなあと思ってしまうでしょうね。


きれい系のファッションでまとめる


見た目も大人の女性を気取るには大事な部分です。


派手なリボン、ひらひらのレース、鮮やかなピンクやたくさんのハート。かわいい動物やキャラクターのグッズ。すべてファンシーで女の子の好きなものではありますが、大人な女性がこんなファンシーなグッズを持っていたらかわいいを通り越してイタイです。


かわいい系のファッションは大人の女性には似合いません。大人の女性を気取るなら、シックで派手すぎないきれい系のファッションでまとめましょう。


大人っぽい綺麗めな服装で、ヒールなんて履いて、髪の毛も無造作にまとめたら、年下男子くんはきっとあなたの大人っぽさにドキッとしますよ。


まとめ


年下男子くんにとって、同い年の女性は周りにたくさんいても、年上女子は少ないものです。


そんな同じ年の女性と違いをだすためにも、年下男子くんにとって大人の女性はやっぱり尊敬できるかっこいい人でなくてはなりません。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ