錦戸亮月9初主演!真実のカケラを拾い集め難事件を解明!本格科捜研サスペンス

錦戸亮月9初主演!真実のカケラを拾い集め難事件を解明!本格科捜研サスペンス

1月7日(月)放送


■『トレース~科捜研の男~』第1話あらすじ完全版





ある陰惨な事件を経験した過去を持つ真野礼二(錦戸亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。



ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。



するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示した。





現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。



そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越満)が警察署を訪れる。母子のDNA鑑定の結果、被害者は五十嵐夫妻の娘・美加(菅野莉央)であることが判明した。遺体の解剖写真を見た真野は、美加の肩に火傷の跡があることに気づく。千鶴は、美加が小学生のころにシチュー鍋に手をかけてしまい、負った火傷だと説明していた。



あくる朝、真野は、遺体発見現場から持ち帰ったプリムラの花を、大学の研究室に届けるようノンナに頼む。花の根についていた土砂が現場のものとは成分が違っていたことから、何者かが外から持ち込んだ可能性があったのだ。そこにやってきた虎丸は、真野とノンナを連れてあるホテルを訪れる。そのホテルの防犯カメラには、チェックインする美加と、10分ほど遅れてやってきた美加の婚約者・越智俊介(池岡亮介)の姿が映っていた。だが、警察から事情を聞かれた越智は、美加がネットでホテルの部屋を予約していたことから浮気を疑って訪れたと証言する。越智は、フロントで何も教えてもらえず、しばらく待った後に会社に戻ったのだという。真野たちは、ホテルのバスルームをルミノール検査するが、反応は出なかった。すると虎丸は、越智は犯人ではないと言い出し、引き上げようとした。真野は、そんな虎丸の指示に逆らい、室内を調べ始める。室内は清掃されており、事件後には何人かの客が宿泊していた。そこで真野は、植物の種子らしきものを見つけ……。



鑑定作業を続けた真野とノンナは、遺体発見現場で見つかった花と、ホテルの部屋にあった種子が同じ植物であることを知る。さらに、部屋から採取した毛髪から、美加の母・千鶴のDNAも検出されていた。





虎丸たちは、千鶴に会いに行く。千鶴によれば、あの日、美加から呼び出されてホテルを訪れると、鍵を渡され、自分が戻ってくるまで部屋から出ないよう言われたらしい。虎丸は、美加とはしばらく会っていない、と嘘をついていた千鶴に不審を抱く。



ほどなく、美加は千鶴をホテルに待たせて実家のマンションを訪れ、父親の康信と会っていたことが判明する。だが、防犯カメラの映像には、美加がマンションから出ていく姿は映っていなかった。さらに、五十嵐家の隣室に住む飛田慎吾(池田純矢)から、事件当日、女性が泣き叫んでいるような声が聞こえたという証言もとれていた。康信は美加と千鶴に暴力を振るっていた悪党だ、と言い放つ虎丸。しかし、その断定的な物言いに苛立っていた真野は、すべては憶測にすぎず何の証拠もない、と言い出し、虎丸と衝突する。怒った虎丸は、翌日の臨場から真野を外し、ノンナひとりで来るよう言い残して去って行く。



その夜、ノンナは臨場に備えて検査のマニュアルなどをチェックする。その際、美加のことを調べ直したノンナは、「彼女は君が見つけてくれたことを感謝しているはずだ。それを忘れるな」という真野の言葉を思い出す。美加の無念さに寄り添ったノンナは、もし大事な何かを見逃して真相にたどり着けなかったらと思うと怖い、と真野に打ち明けた。真野は、真実につながるカケラを見つけるのが科捜研の仕事であり、いま美加の無念を晴らせるのはノンナしかいない、と言葉をかけた。





ノンナは虎丸らとともに五十嵐家のマンションを訪れ、室内のルミノール検査を行う。しかし、血液反応は一切出なかった。引き上げる際、飾られていた千鶴と幼い美加の写真を見たノンナは、こみあげてくる思いを抑えきれず、ここで何があったのか本当のことを話してほしい、と千鶴に尋ねる。さらにノンナは、前夜、真野が見つけた千鶴の火傷の跡のことまで口走ってしまう。真野は、美加と千鶴の火傷の跡を組み合わせて角度などを検証すると、美加が至近距離からシチューをかけられ、それを千鶴が庇った可能性があることに気づいたのだ。虎丸は、ノンナを怒鳴りつけると、外に連れ出した。



あくる日、千鶴は、ガラス製の灰皿を証拠品として虎丸たちに渡す。事件当夜、千鶴がホテルから戻ると、部屋には美加の姿はなかったが、室内が荒れていたのだという。康信は、千鶴が許可なく家を空けたことに怒って暴力を振るい、部屋の片づけを命じた。そこで千鶴は、底に血が付いた灰皿を見つけて隠していたらしい。灰皿に付着していた血痕は美加のものだった。



虎丸たちは、康信を取り調べた。康信は、美加を殴ったことは認めたものの、殺してはいないと主張する。虎丸は、もう一度、マンション内の鑑定をするようノンナに命じた。すると真野は、室内の再鑑定は不要だと言い出す。その代わりに、玄関の外をノンナに検査させてほしい、と続けた。美加が、マンション内で別の事件に巻き込まれたと仮定すれば、殴られて出血したまま部屋を出た美加の痕跡が残っている可能性がある、と真野は言うのだ。虎丸は当然反発した。だが、海塚に説得された虎丸は、真野を現場に戻すことを渋々認め……。








真野とノンナは、五十嵐家のマンションの外廊下でルミノール検査を行った。すると、暗闇に光の筋が浮かび上がり、それは隣室の玄関で途切れていた。そこに、ちょうど隣室の住人・飛田が戻ってくる。事態を察し、逃走する飛田。虎丸たちは、飛田を追い、どうにか取り押さえた。



親の遺産でマンションを購入していた飛田は、五十嵐家から漏れ聞こえる声が気になり、コンクリートマイクを仕掛けて美加がDVを受けていることを知ったという。自身もDV被害者だった飛田は、美加にシンパシーを感じていたらしい。また飛田が所持していた音声ファイルには、美加と千鶴の会話なども残されていた。そこで美加は、プロポーズされたことを報告するが、千鶴だけを残して幸せになることは出来ないから一緒に逃げよう、と説得していた。そして事件当日、美加は、康信と対峙し、自分たちに近づかないよう告げたものの、激高した康信から激しい暴力を受けた挙句、灰皿で額を殴られていた。美加は、それでも立ち上がり、今後自分たちに関わるようなことがあったら訴える、と康信に告げ、部屋を出ていく。その一部始終を聞いていた飛田は、部屋を出た美加を自室に引きずり込んだのだ。飛田は、同じ魂を持っている自分だけが美加を守ってあげられるのだからここにいよう、と美加に告げた。だが、美加が逃げようとしたことに絶望した飛田は、凶行に及んだのだ。遺体の側にあった花は、美加が買ってきたもので、彼女が家を出た後も、千鶴が大事に育て毎年花を咲かせていた。それを知っていた飛田は、鉢植えから花を一輪引き抜き、美加の遺体に手向けていた。



事件解決後、真野と共に千鶴に会いにいったノンナは、ひとつだけ間違っていたことがあったことを知る。美加と千鶴の火傷の跡は、千鶴が美加をかばったのではなく、美加が千鶴を守ろうとしたものだったのだ。千鶴からその話を聞いた真野は、美加は千鶴を地獄から救い出すために生まれてきたのではないか、と声をかけていた。





同じころ、警視庁では会議が行われていた。そこで挨拶をしたのは、史上最年少で刑事部長に就任した壇浩輝(千原ジュニア)だった。



真野は、事件解決を喜ぶノンナが口にした「正義は勝つ」という言葉がきっかけで、ある記憶がフラッシュバックしてしまう。それは、小学生だった真野が見た、凄惨な光景だった。


見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『トレース~科捜研の男~』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分 ※1月7日:21時~22時24分


<出演者>



錦戸亮 新木優子 山崎樹範 岡崎紗絵 矢本悠馬 加藤虎ノ介 山谷花純 ・ 小雪 ・ 遠山俊也 篠井英介 千原ジュニア ・ 船越英一郎




カテゴリ