乃木坂・伊藤純奈&鈴木絢音、成人式前に心境「思い出の残るものに」

乃木坂・伊藤純奈&鈴木絢音、成人式前に心境「思い出の残るものに」

 人気アイドルグループ・乃木坂46の樋口日奈、伊藤純奈、鈴木絢音と昨年12月に卒業した能條愛未が10日、都内で上演される舞台『GIRLS REVUE』ゲネプロ前囲み取材に出席した。今年、成人式を迎える伊藤と鈴木。伊藤は「一生に一度なので、思い出に残るものにしたい」といい、鈴木は「私はまだ19歳なので、かわいい振袖着れるならいいなって思うくらいです」とコメントした。



【動画】伊藤純奈&鈴木絢音&樋口日奈らが公開ゲネプロで迫真の演技



 昨年11月に20歳となった伊藤は「あまり実感がなくて、成人式は“年に一度だし”…」と言いかけると、間違えに気づき「一生に一度。お誕生日になっちゃった」と照れ笑い。加えて「明日も(舞台の)本番があるのでこんな経験できる人は少ないのでそれも楽しみたい」と期待を寄せていた。



 同舞台は4人が中心となった女性キャストのみで構成されるレビューショー。耳なじみのある名曲や一緒に盛り上がれる名曲を様々なシチュエーションでダンスと歌によって披露。舞台上では、様々な役柄を演じる4人だが、双子の王女、刑事や怪盗、ライオンとシマウマ、火星人までチャレンジする。



 大正時代の女性を演じる樋口は「和の日本の昔の洋服を着ているのですが舞台で着るのが夢だったので、注目してほしい」とアピール。卒業後初舞台となる能條は刑事として男役にも挑戦し、「スーツを来て、ハットをかぶって宝塚っぽい雰囲気。宝塚(出身)の悠未ひろさんもいらっしゃいますので盗みつつ、かっこいい立ち姿などを取り入れたい」と意気込み。



 舞台を彩る楽曲もすっかり気に入ったそうで、伊藤は「自分が歌ってない曲がハチャメチャに気に入っちゃって。誰かが歌っている曲はけいこしていないのでなおさらよく聴こえて、すべてのジャンルが詰まってる。しっとり系だったりポップでかわいかったり、ジャズっぽくてオシャレだったり。全部聴いてほしい」と激推ししていた。



 27日まで東京・オルタナティブシアターにて全22公演。2月1日、2日には大阪・サンケイホールブリーゼにて全3公演が上演。

カテゴリ