「そのヘアオイル本当に合ってる?」あなたにぴったりが見つかる【ウェット度別】ヘアオイルカタログ5選


艶が出るくらいの軽めのヘアオイルが良い人もいれば、少量でずっしり重くなるヘアオイルが欲しい人など、ヘアオイルに求めるものは人それぞれ。



自分の欲しいヘアオイルがわからない!という方のために、ウェット度別にヘアオイルを5つご紹介していきます!



1. ウェット感よりツヤ重視 「ミルボンヘアオイル」





@_iiko/Instagram



ウェット感よりもトリートメント重視でさらさらヘアにしたい方におすすめなのが、「MILBON(ミルボン)」のヘアオイル「ディーセス エルジューダMO」。



ウェット度は軽めで、なじませるだけで、やわらかくおさまりのいい髪へと導くことができます。





2. ヘアケアとセットが同時に叶う 「モロッカンヘアオイル」





@junkohdotcom/Instagram



こちらも、ウェット度で言うと軽めのモロッカンヘアオイル。



髪全体になじませると、毛先までしっとりまとまるのに、べたつかない優秀なヘアオイルなんです♡



香りも甘すぎずおすすめ◎





3. ウェット感とツヤをバランスよく出せる 「サインシステミックオイル」





@kaede_bu/Instagram



ちょうど中間くらいのウェット感を演出できるのが、「サインシステミックオイル」。



重すぎず、さらっと付けられるのに流行の濡れ髪が簡単に再現できるんです。



お値段は150mlで1500円と、コスパの良いところも見逃せませんね!





4. ちょっぴり重めにしたい 「N.」





@kahomaru_foi/Instagram



ウェット度で言うと、中の上のヘアオイルが「N.(エヌドット)」。



少量で髪全体に広がり、しっとりした濡れ感ヘアが演出できるんです。



束感も出せるし、ヘア以外にもお肌の保湿やボディにも使えるので便利です◎





5. しっとり、濡れ感マックスを味わいたい 「ダヴィネス」





@rie_kitaoka/Instagram



一目でしっかりわかるほどのウェット感が演出できるのが「davines(ダヴィネス)」のオーセンティック オイル。



一滴で驚くほど伸びて、簡単にずっしり重めのウェットヘアを作ることができますよ。





気になるヘアオイルは見つかりましたか?



同じヘアオイルでもウェット度別にみると、選択肢が全然変わってきますよね。



自分に合うヘアオイルと出会えれば、毎日のスタイリングがぐっと楽しくなりますよ♪



カテゴリ