科捜研が挑む転落死の真相…科学捜査で明かされる儚き恋と繋がれた命の物語

科捜研が挑む転落死の真相…科学捜査で明かされる儚き恋と繋がれた命の物語

1月14日(月)放送


■『トレース~科捜研の男~』第2話あらすじ完全版





科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。



事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。真田の娘で、同じ大学病院の医師でもある有里(関めぐみ)が、席を外したまま戻らない父を探しに行った。そこで有里は、控室のバルコニーから転落死している父を発見するとともに、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永渉(篠原篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。





虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れ、ワインラックを倒して大量のワインをぶちまけてしまう。



ノンナは、東凛大学病院で有里から処置を受けた。そこで真野たちは、有里が決まった時間に免疫抑制剤を服用していることを知る。心臓が弱いのだという。薬を飲んだ後、有里は、本当のことが知りたいから犯人逮捕につながる証拠を見つけてほしい、と真野たちに懇願した。真野は、そんな有里に、バルコニーの手すりに残っていた真田の靴跡が不自然だと話す。靴跡を検証すると、真田は右足を軸にして自らゆっくりと手すりに上り、一度部屋の方へ向き直っていた。つまり、転落する前に、真田と犯人の間で何らかの会話がかわされた可能性もあると考えられるのだ。





そんな折、宮永が監視を続けていた捜査員たちの隙をついて逃走し、姿を消す。一方、ノンナとともに再び犯行現場のレストランを訪れた真野は、バルコニー下の植え込みの中から血染めの折り鶴を発見する。折り鶴に付着していた血液はO型女性のもので、10年以上前の古い紙で折られたものだった。しかも、その折り鶴から宮永の指紋も検出されていた。





真田の通夜が行われた日、有里の前に見知らぬ女性・三井敦子(阿南敦子)が現れる。敦子は、真田が殺された理由について謝らなければならないことがある、と有里に話しかけた。だが、そのとき、有里の元に週刊誌の記者が駆け寄ってきた。それを見た敦子は、逃げるように姿を消してしまう。その様子を見ていたノンナは、敦子のことを尋ねた。しかし有里は、思い出せないという。そこで有里は、真田の遺品を整理していた際に、血がついた真っ赤な折り鶴を見つけたことをノンナに打ち明ける。





真田が所有していた折り鶴も、真野が見つけたものと同じO型女性の血液が付着しており、使用されている紙も同じものだった。虎丸は、有里に協力してもらい、敦子の似顔絵作成を手配する。しかし、完成した似顔絵を使った聞き込みでは何ら情報を得ることが出来なかった。



捜査に行き詰った虎丸は、公安の刑事に接触し、真田の着衣に付着していた血液のDNAと、公安が密かに収集している、参考人から任意で採取したDNAの裏データを照合してほしいと頼む。そこから浮かんだのは、岸田哲也(樋渡真司)という男だった。だが、取り調べを受けた岸田は犯行を否定した。また岸田の体には犯行時に負ったはずの傷もなかった。それを知ったノンナは、自分がワインをぶちまけてしまった件に触れた。「何とかワインを絨毯から抜いて調べることができたらいいのに」。その言葉を聞いた真野は、ふいに部屋を出ていき……。



真野は、岸田のDNAの再鑑定を求める虎丸に、その必要はないと告げると、岸田の身体検査の際の写真を見せてほしいと頼んだ。写真を確認した真野は、その中の1枚にあった腰の古傷に目を止めると、事件の後、宮永がどうやって帰宅したか、その際に包帯が巻かれていたかどうかを虎丸に尋ねる。もし宮永が傷を負った状態で包帯を購入したなら、そこに血痕が残っているかもしれない、というのだ。宮永の姿は、犯行現場の最寄り駅にある防犯カメラに映っていた。だが、真野の真意がわからない虎丸は、岸田の方が先だ、と反発する。すると真野は、折り鶴から血液の成分を抜いた紙を虎丸に見せた。それは答案用紙で、そこには「中原」という文字があった。折り鶴に宮永の指紋が残っている以上、真田との間に何らかの関わりがあることは確かだ――真野は、そう言って虎丸を説得した。



真野、ノンナとともに犯行現場から駅までの間にある店を調べた虎丸は、宮永が立ち寄った薬局を突き止め、売上金の中から血液が付着している500円玉を見つける。その血液と、真田の着衣に付着していた血液のDNAが一致した。宮永は、特異な体質――キメラだったのだ。骨髄移植を受けた人間の血液は、ドナーのDNA型に変化するが、毛髪や唾液といった他の細胞はもともと持っていたDNA型のまま変わらないのだ。岸田の写真にあった古傷は骨髄を提供したときにできたものだった。宮永は岸田から骨髄の提供を受けていたのだ。





虎丸は、宮永のアパートを訪れ、室内に侵入する。そこで虎丸は、有里の宿直日に印がつけられた東凛大学病院の担当医勤務表を見つける。ほどなく、15年前、高校生だった宮永が、当時、真田が勤務していた病院で骨髄移植手術を受けていたことが判明する。また、同じころ、宮永の恋人だった中原沙知絵(小篠恵奈)という女子高生が工事現場の落下事故にあって同じ病院に運び込まれ、死亡していたことも明らかになった。沙知絵は、宮永の見舞いに行く途中で事故に遭ったのだ。



宮永は、東凛大学病院に現れ、当直だった有里を襲った。有里の首を絞める宮永。急行した虎丸や真野たちは、間一髪のところで有里を助け、宮永を取り押さえる。



逮捕された宮永は、すべてを自供した。真田は、心臓が弱く、危篤状態に陥った有里を助けるために、事故で運び込まれてきた沙知絵に筋弛緩剤を投与した。沙知絵は、恋人だった宮永が白血病だったこともあり、ドナー登録をしていた。その心臓が、有里に移植されたのだ。沙知絵の死に不審を抱いていた宮永は、沙知絵の手術にも立ち会った敦子を脅し、真相を知った。血染めの折り鶴も、沙知絵が宮永のために折ったものだった。



事件の夜、真田への復讐を決行しようとした宮永は、抵抗されて傷を負い、持っていたナイフと折り鶴を落とす。真田は、憎悪の目を向ける宮永に謝ると、自らバルコニーによじ登り、「あの折り鶴を、私もずっと持っている」と言って身を投げようと背を向けた。宮永は、怒りに任せてそんな真田を突き落としていた。



ノンナの口から事件の真相を知った有里は、大きなショックを受ける。真野は、そんな有里に、宮永のことを話した。有里を襲った際、宮永は、最後の最後に復讐を止め、有里を見下ろしながら泣いていたのだ。有里の首を絞めた宮永は、その脈動から、沙知絵の心臓が生きていることを感じたのではないか――真野は、そう有里に告げ、「あなたは受け継いだ命を大切にしていくべきだ」と続けた。



ノンナは、有里に真実を伝えるべきだったかどうか自問する。そんなノンナに、真野は、遺族は真実を知ることで初めて前に進むことができる、というと、「お前はよくやった」と続けた。科捜研を辞めようと考えていたノンナは、この一件以来、積極的に仕事に取り組み始め……。





見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『トレース~科捜研の男~』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分 ※1月14日:21時~22時9分


<出演者>



錦戸亮 新木優子 山崎樹範 岡崎紗絵 矢本悠馬 加藤虎ノ介 山谷花純 ・ 小雪 ・ 遠山俊也 篠井英介 千原ジュニア ・ 船越英一郎





カテゴリ