船越英一郎、月9出演オファーに驚き「ついにこういう役が来たか!」

船越英一郎、月9出演オファーに驚き「ついにこういう役が来たか!」

『トレース~科捜研の男~』出演中


■『トレース~科捜研の男~』船越英一郎さんインタビュー





 “サスペンスドラマの帝王“という異名を持つ船越英一郎さんが、キャリア初の「月9」出演を果たしたことでも話題の『トレース~科捜研の男~』。出演オファーには、船越さんご自身も驚いたそう。



「伝統ある月9からお話を頂けたというのが、まず驚きました。実は今まで月9とは縁がなくてね(笑)。僕が若い時は月9がメインストリームというイメージがありましたが、残念ながらこの枠には崖は出てきませんから(笑)。今回ついにご縁を頂けて渋い大人のラブストーリーみたいなものに挑戦できるのかな!と思いきや、世の中そんなに甘くないですね(笑)。今回はサスペンスということで、僕にはライフワーク、フィールドワークですが、月9があまりやってこなかったジャンルなので、どうなるのだろう、どんな新しい味を持ったサスペンスができるのだろう、と胸を躍らせています。スタッフ、キャストの皆さんと、僕自身も新しい地平を見る冒険の旅に出られるのではないかな、と思います」





船越さんにとってライフワークだというサスペンスドラマの魅力については、こう表現してくれました。



「2時間ドラマに特化するとしたら、そこにはさまざまなドラマの要素が凝縮されているんです。犯人探しをするミステリーの王道、人間ドラマもしっかり描いているので、見るのも苦しい人の闇など犯人側にも胸をえぐるような事情もあります。また、ホームドラマの要素や作品によってはコメディーの要素も、当然ラブストーリーも絡んできたり。サスペンスドラマというひとつのカテゴリー、ジャンルではあるのですが、全てのドラマの要素が凝縮されている、多角形の楽しみ方があるのが魅力です。さらに、2時間というのは、映画が一番心地よく見られる時間ということで割り出された時間だと思うので、2時間ドラマは一本の読み切りの、封切り映画みたいなものですよね」



今回の『トレース~科捜研の男~』も、単に犯人を突き止めるドラマではなく、被害者・加害者双方の物語や、残忍な事件に心を痛める科捜研の法医研究員の姿などが複雑に織り込まれています。





そんな中で船越さんが演じるベテラン刑事・虎丸良平は、所轄から警視庁捜査一課へ異動した叩き上げ刑事で、所轄時代からの現場魂が今も抜けず、上司やまわりの意見を聞き入れない独善的な捜査をします。長年の勘を頼りに捜査する虎丸は、「鑑定結果こそすべて」と主観や憶測を排除して客観的な事実のみを追求する科捜研の真野礼二(錦戸亮)とは激しく対立します。定年間近の刑事を演じることに関しては、



「ついに、こういう役が来たか!と。いつかはやってみたい、と思っていたんです。僕も58で実年齢ですからね。きちんと会社務めをしていたら再来年ですよ!定年(笑)。ひとつの区切りだと思いますよね。大きな転機だったり岐路だったり。職業人としてひとりの男として人生の岐路が見えている…そこには人生の悲哀があり、それを背負った刑事役は初挑戦です。定年がぶらさがっている刑事像を演じたことはなかったです。でも、想像に難いことではないですね。人間が積み重ねてきたものには、残念ながらタイムリミットがあるわけで、僕たちも俳優に定年はないにしても、ひとつの役柄を演じるということについては当然時間の限りが見えてくるわけです。僕もまさに虎丸を演じながら、現職の刑事を僕が演じる時間もそんなに長くはないのだろうというのを味わっているんです。虎丸は枯れた老刑事ではないし、まだギラギラしていたい。たたき上げで本庁まで来たが、これ以上の出世はないとわかっているんですよね。限られた時間で何が自分を突き動かすモチベーションなんだろう、と考えています。虎丸はある意味奇跡に近いような道を歩んできたはずなんですね。交番勤務から本庁まで到達したわけですから」





主演の錦戸さんとは2度目の共演。船越さんとのお芝居に関して錦戸さんは、「顔がすごく近いな」「これが最後まで続くのかと思ったら、ちょっとゾッとします」と笑わせてくれましたが……。



「昭和の人間って、熱くなると距離感を見失うんですよ(笑)。距離感を見失いがちなのを、虎丸の特徴にしようと最初から決めていまして。自分の集大成のひとつとして、距離感を見失った人間の大きな熱量を感じて頂ければと。(初共演の)映画(「県庁おもてなし課」2013年公開)のときの彼は、青春の残像が見える青い魅力にあふれていたんですよね。久しぶりに会ってみたら色気をまとう非常につややかな男になっていた印象ですね。ただ今作では、僕は彼のペースを乱そう!と思っています(笑)。真野(錦戸)は何か仕掛けるタイプではないので、僕の方から真野=錦戸亮を揺さぶってみようというアプローチですね」



この先、虎丸刑事は、真野の過去に何かあることに気づき、興味を持っていきます。果たしてそこから、どのような展開が待ち受けているのでしょうか。当然、真野との関係も大きく変わっていくはず。もしかしたら、サスペンスドラマの定番「崖」のシーンも登場するかも……。「まだ出てきませんね!(笑)。なかなか難しいかもね!」なんて船越さんはおっしゃっていましたが、まだまだ楽しみは尽きません。





見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『トレース~科捜研の男~』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分


<出演者>



錦戸亮 新木優子 山崎樹範 岡崎紗絵 矢本悠馬 加藤虎ノ介 山谷花純 ・ 小雪 ・ 遠山俊也 篠井英介 千原ジュニア ・ 船越英一郎





カテゴリ