干支別・男性がアプローチをしかけてくるサイン

干支別・男性がアプローチをしかけてくるサイン

ちょっといい感じになった彼ができると、「本当に私のこと好きなの?」「いつアプローチしてきてくれるの?」と気になってくるものです。


気になって気になって何も手に付かないあなたに、この占いをプレゼント!


男性の干支別に、アプローチをしかけてくるサインと対応の仕方を占います。



●子年生まれ…ソワソワと落ち着かない


子年の男性は、好きになったら早く気持ちを伝えたくて焦りがちに。


ちゃんとした恋のアプローチに入る前から、ソワソワと落ち着きません。


女性のほうが「今!今話しかけるタイミングだから!」と教えたくなる感じ。「なあに?」と助け船を出してあげて。


干支別・誘い方


●丑年生まれ…並々ならぬ圧力を放つ


自分の気持ちを整理して、覚悟を決めて「よし、行こう!」とアプローチしてくるしっかり者の丑年の彼。


彼が近づいてくるときは並々ならぬ圧力を放つので、それがサインとわかります。


あなたの方もとりあえずな対応をしたりせず、誠実に答えましょう。


●寅年生まれ…自分のモノ宣言


好きになった女性は、彼の心の中ではすでに彼のもの……誰にも触らせたくない存在になっています。


アプローチしかけてくるサインは、「彼女を誘っていいのは俺だけだからねー」という宣言。ほぼアプローチです!


「そうでーす」と同じテンションで返せばOK。


●卯年生まれ…ムードある誘い


恋愛を楽しみたいタイプの卯年の男性は、アプローチにも凝って恋愛気分を盛り上げます。


ふたりきりになろうと誘導したり、綺麗な並木道や、海辺や川辺を歩くようにしてきたりするのがサインです。


少し恥ずかし気に応じると、彼も計画成功!と喜ぶでしょう。


●辰年生まれ…連れ出そうとする


恋に奥手な辰年の男性ですが、いざアプローチをすると決めたら意志を強く持ち行動します。


ですが、人前では恥ずかしいので「話があるんだけど」と事あるごとに連れ出そうとします。


ここでもたつくと、「もういいや」と引き下がりかねないので、即応じて。


●巳年生まれ…おしゃれな服装をしている


何事も慎重に進める性格の巳年の男性。アプローチをしかけるときは、かなり綿密な計画が練られているでしょう。


一番わかりやすいサインは、おしゃれな服装をしていること。


いつもよりワンランク上な装いです。「今日、かっこいいね」とさりげなく褒めてあげて。


干支別・誘い方


●午年生まれ…動きがぎくしゃく


いい意味で大ざっぱで男らしいイメージの午年の男性。


アプローチのときもドンと構える男らしさを見せるのですが、実はかなりアガッていますので、動きがぎくしゃくしています。


ちっちゃい男に見られたくない彼なので、そこにはもちろん触れてはダメ。


●未年生まれ…友達経由のアプローチ


恋に奥手どころか、女性がちょっと怖いと思っているフシがある未年の男性。


とりあえず意中の彼女の友だちにアプローチして、本番に備えようとします。


気を付けていないと、その友だちと付き合い始めることもあるので、サインを見逃さないように注意しましょう。


●申年生まれ…かっこつけてくる


少々見栄っ張りでプライドも高い申年の男性。アプローチ直前のサインは、かっこつけてくることです。


何か言いたげに視線を向けては「ふっ」と笑ったり、腕を組み足を交差させて立っていたり。


彼が話しかけやすいように、動作を止め、目を合わせてあげましょう。


●酉年生まれ…準備万端すぎですぐわかる


酉年の男性が好きな女性にアプローチするときは、成功確率90%の自信があるとき。


さまざまな角度から準備をしているので、相手の女性も「今日来るな」とわかります。


たわいない会話をしている時に、彼が期待するOKのセリフを事前に聞いておくといいかも!


干支別・誘い方


●戌年生まれ…午前中から無口


サプライズなどはしない安定志向の戌年の男性は、アプローチもいたって普通。「ランチでも食べない?」という感じです。


マジメな戌年彼は緊張しまくっているので、午前中から無口なのがサイン。


素直に同行し、ランチ代はワリカンにすると、好感度アップに。


●亥年生まれ…挙動不審


亥年の男性はせっかちな性格。


ちゃんとアプローチしたいとは思っているのですが、気持ちが急いて要領を得ない言動になりがちです。


挙動不審になっていたら、それがサインでしょう。「ちゃんと言って!」と促してあげた方が、お互いスッキリと次に進めます。


さいごに


この占いをチェックして、彼の態度や行動を見ていたら、そろそろ来る~~!とわかるはず。


いざそのときに場違いなことをしないように、あなたの方も心の準備と対応のシミュレーションをしておきましょう。


(紅伊珊瑚/占い師)


(愛カツ編集部)



カテゴリ