世代を超える名曲カラオケ開催!保田圭の熱唱に、石橋貴明は感動するのか

世代を超える名曲カラオケ開催!保田圭の熱唱に、石橋貴明は感動するのか

1月21日(月)放送


■ターゲットの心にささる1曲を熱唱





石橋貴明さんとミッツ・マングローブさんが「勝手に語り継ぎたいアレコレ」をゲストとともに語るトークバラエティ『石橋貴明のたいむとんねる』。1月21日の放送は、好評企画の第3弾「ささるカラオケ」をお届けしました。



年の差があっても名曲があればつながることができると、1人のターゲットに向けて心にささる1曲を歌うというもの。



年齢やその人のバックボーンを考察しながらささる1曲を選択。歌の途中でターゲットが「ささった」ボタンが押せば最後まで歌うことができ、「ささらない」を押されると強制終了となるルールです。



さあ、全員がターゲットに「さす」ことはできるでしょうか?





最初にチャレンジしたのはアッコさん(和田アキ子)のものまねで人気のMr.シャチホコさん(25歳)。13歳年上の保田圭さん(38歳)にささる曲として選んだのは、Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」。



実は、モノマネのレパートリーのひとつでもあるこの曲。激似のミスチルに「ささった」ボタンが点灯しました。



「ずっとアッコさんだったから急に桜井さんが出てきて、そのギャップにやられた。この曲もずっと聴いていたし」と感激する保田さんに対し、ミッツさんは「言っとくけど、今日は『モノマネ王座決定戦』じゃないからね」、斉藤さんは「ゲスト、お前だけでいいじゃねえかよ」とやっかみモードになってしまいました。


■あの歌番組の名シーンがよみがえる





次はタカさん(57歳)をターゲットに保田さんが松田聖子さんの「青い珊瑚礁」でさしにいきました。



モーニング娘。のメンバーとして活動していたときは、2小節以上歌ったことがなく「1曲歌わせてもらえるなんて嬉しい」と保田さん。「モー娘。のなかでも歌唱力には定評があった」というシャチホコさんのミニ情報も披露され、ノリノリで挑みましたが……。



冒頭のあ~♪ですぐ「ささらない」を押すタカさん。「まだ歌ってない!」と絶叫する保田さんに、かつて共演していた歌番組のタカハラ(タカさんハラスメント)が発動したのです。



「もうイントロでツーステップ踏まれた時点でイラっとしてたの!」というタカさんですが、そこは旧知の仲。「これが一番、保田大明神が盛り上がるパターンですから」とタカさん。



「やだ~」と抗議する保田さんを見て、タカさんは「でもオイシイと思ってるでしょう。忘れられないんだろう? 俺の味が」とにじり寄りました。





そして次も「ささらない」結果になってしまったのは、福田彩乃さん(30歳)がミッツさん(43歳)に挑戦した安室奈美恵さんの「SWEET 19 BLUES」。「大好きだったし、CDも持ってた」といい、途中で入れた篠原涼子さんのものまねもミッツさんには好評でしたが残念な結果になりました。


■限界の喉を酷使するも惨敗する斉藤さん





今度はスペシャルものまねコラボ。福田さんは中島みゆきさん、シャチホコさんはEXILEのATSUSHIさんに扮し、中島みゆきさんの「糸」でタカさんをさしにいきました。



FNS歌謡祭を彷彿とさせる豪華なコラボに「すごいね~!」とタカさんは感動。見事さすことができました。



歌い終わり、アッコさんに戻ったシャチホコさんがもうひと笑い取ると、斉藤さんは「なんだよ、歌も上手いし、ここでも笑いとって!」とジェラシーが止まりません。



絶好調のシャチホコさんは続けてタカさんに挑みます。チャレンジするのは本邦初公開の尾崎 豊さんの「シェリー」。



ところが結果は「ささらない」。この曲は大好きだそうですが、酔うとこの曲を歌うスタッフの嫌な思い出を呼び起こしてしまったからだそうです。



満を持して登場したのはジャングルポケットの斉藤慎二さん(36歳)。またまたターゲットはタカさんです。「絶対にさします!」と挑んだ曲は、野猿の「叫び」。



タカさんは振り付けをしながらノリノリですが、曲の1番が終わるまでに判定をするルールを忘れ、とうとう曲が終わってしまいました。



この日、劇場で6ステージ、営業2ステージをこなしてから収録に臨んだ斉藤さんの喉は崩壊寸前。「もう声を出しすぎて出ない」と訴える斉藤さんに「もう一回いきまーす!」とスタッフが鬼のアンコールを放ちます。



ため息をつきながら最後まで歌う斉藤さんでしたが、結果は「ささらない」でがっかり。



ところが今日はまだあ~♪しか歌えていない保田さんが「私からしたら羨ましい」と語るとスタジオは爆笑に包まれました。


■エンディングは保田さんが熱唱





疲れ果てた斉藤さんにミッツさんが挑みます。曲は尾崎紀世彦さんの「また会う日まで」。



「めちゃくちゃささりました!」と語る斉藤さん。一昨年亡くなったお父さんの思い出の曲だったそうです。



ここで終了か、というところでひとり不完全燃焼の保田さんは「タカさん、もう一曲歌っていいですか?」と手を挙げます。



選んだ曲はWinkの「悲しい熱帯魚」。今度こそ、とノリノリでステップを踏む保田さんでしたが、やはり冒頭のSTOP♪で「ささらない」を即座に押すタカさん。保田さんが「この番組でこんなに歌えない人います~?」と全力で抗議する姿を見て嬉しそうでした。



最後は、みんな帰った真っ暗のスタジオでひとり「青い珊瑚礁」を熱唱する保田さん。その美声は視聴者みなさんの心にささったはずです。



文=パンチ広沢


■番組情報


『石橋貴明のたいむとんねる』


<放送>



1月21日放送回 毎週月曜23時~23時40分


<出演>



石橋貴明、ミッツ・マングローブ

ゲスト:保田圭、斉藤慎二(ジャングルポケット)、福田彩乃、Mr.シャチホコ



カテゴリ