木10ドラマ『QUEEN』 竹内さんには何か決めゼリフを言っていただきたい

木10ドラマ『QUEEN』 竹内さんには何か決めゼリフを言っていただきたい

新ドラマを語る!ドラマ好きライター座談会


■かっこいい働く女性のドラマ、期待大です!





トレンディドラマの時代から、ドラマを愛するライター3人組が、新ドラマを語りまくる! PART2 は木10ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』。かっこいい女性のお仕事ドラマということで、働くアラフォーライターも期待大です!


■スタイリッシュ! だけど弁護士でハードルが上がり…


犬山 始まる前に目にした番組のポスターや、主要キャスト5人が並んだ写真がかっこよかったよね。



亀井 フタを開けてみたらやっぱりスタイリッシュ! 音楽やオープニングもおしゃれでしたね。

あと最初の、チームのひとりひとりを流れるようなカメラワークで追いかけて、最後に足元のヒールがどアップになって竹内結子さんが登場するシーン。このチームでやってるんだっていうのがよくわかったし、ドレスアップした竹内さんが美しかった!



犬山 最初のインパクトはよかったよね。竹内結子さんと水川あさみさんの掛け合いも、仕事のできるかっこいい女性な感じが出ていたし。





猫田 ただ、その後のストーリーが少しわかりにくかったかな…。弁護士なんだよね? あまり弁護士っぽくなかった気がするんだけど。



犬山 弁護士と言われると、つい法廷のシーン、とか、犯人、とか思っちゃうんですけど、今回は「スキャンダル専門」ですからね。セリフでも何度か出てきましたけど、危機管理を専門に行う弁護士ってことかと。



猫田 そっか。弁護士から連想するイメージが強すぎて、なかなか内容が入って来なかったのかな。ハードルが上がり過ぎちゃって!



亀井 それはありますよね。私たち、弁護士ドラマを見すぎているので(笑)。



犬山 弁護士といえば、やっぱり事件解決が醍醐味だと思うので、その部分がはっきりするといいですね。



猫田 何を依頼されて何を解決したのか、はっきりわかるといいかなぁ。まあ、セクハラとか難しいテーマを取り上げていたから難しいかもだけど。とにかく、しっかり問題解決して、スカッとさせてほしいのよ(笑)!



亀井 わかります。そこは取り扱う内容によっても変わりそうだし、今後に期待ですね。


■メンバーそれぞれのキャラが濃いとさらにおもしろい? 決めゼリフもいいかも


犬山 竹内結子さん、水川あさみさん以外に、中川大志くん、斉藤由貴さん演じる役柄が現場担当?の弁護士で、バカリズムさんが少し立場が上の副所長なんですよね。



猫田 中川くんは、私『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で長男役を演じていたまだ幼い頃から目をつけていますが(笑)、どんどんかっこよく成長してくれて嬉しい限り。



犬山 猫田さん、当時から大騒ぎしてましたよね…。記憶に新しいところでいうと『花のち晴れ』(TBS系)の天馬くんも王子すぎてかっこよかった! 今回は年上の女性に翻弄されるポジションって感じかな。





亀井 わかるんですけど、ちょっと惜しいですよね。もっとキャラが濃くてもよかった気がします~~。



犬山 第1話でアイドルグループのファンだって描写もあったから、もっとヲタクっぽくするとか、年上のお姉さまに振り回されて優柔不断な感じとかね。見た目とのギャップを出してもよかったかも。



猫田 確かに。他のメンバーも「この人はこれが得意」みたいなキャラ付けがあってもよかったかもね。斉藤由貴さんがもっとIT系に強くてずっとパソコンをカタカタしてる。とかね。スタリッシュすぎてサラッとしちゃってる気がするな。



犬山 決めゼリフとかどうですか? 竹内さん演じる氷見が、このセリフを言うと、今から事件解決しますよ!みたいな。



亀井 これからセリフ追加ですか(笑)!?



猫田 でもさ、弁護士ではないけど、例えば『HERO』とか『ガリレオ』とかはやっぱり登場人物のキャラが、めっちゃ濃かったと思うんだよね。決めゼリフもあったし!



犬山 これは見る側の問題でもあるんですけど、ついわかりやすさを求めてしまうんですよね…。そういう意味でも、セリフ追加まではいかなくても、チームそれぞれのキャラをわかりやすくすると、もっとドラマがおもしろくなると思います!


■話題の時事問題が気になる。氷見の過去にも何があるのか…





犬山 改めて振り返ると、キャストのバランスがいい感じですよね。竹内さん、水川さんはベテランかつ安心して見られますけど、男性陣はイケメンの中川くん、芸人のバカリズムさんと新鮮。



亀井 第1話でアイドルグループを演じたメンバーが、ひとりは映画「カメラを止めるな!」に出演していた秋山ゆずきちゃん、バブリーダンスで注目された登美丘高校ダンス部出身の伊原六花ちゃんなど、旬な子ばかりでびっくりしました!



猫田 あとは、せっかくレギュラーメンバーで斉藤由貴さんも出ているから、もっと彼女のアクの強さというかこれからどんどん出てくるといいな。





犬山 バカリズムさん演じる副所長も、今後どうからんでくるのか期待。実は裏で操って、事件解決のきっかけを作っていた、みたいなからみが出てくるとおもしろいかも。



猫田 あとはやっぱり、気になる時事問題を取り上げてくれると見ちゃう気がする。アイドルの問題、性同一性障害、セクハラ・パワハラは現実でも話題になる、気になるテーマだからね。



亀井 より興味を引くテーマを扱ってくれるといいですね。



犬山 私たち子どもを持つ母なので、保育園とか学校とか、子どもを取り巻く問題とか…。



猫田 竹内さんが政治家?と密会していた風な描写もあったから、そこも今後解明されていくのかな。時事問題とあわせて、展開を楽しみにしています!





座談会メンバー


猫田(仮名)

44歳。ドラマ好きが高じてライターとなり、数多くの俳優、女優のインタビューを担当。“ミポリン世代”で青春時代は『すてきな片想い』、『君の瞳に恋してる!』など中山美穂主演ドラマに夢中に。マシンガントークの毒舌ライター。



犬山(仮名)

38歳。小学生からドラマを見続ける筋金入りのテレビっ子。高校時代に『ロングバケーション』を見てそのオシャレさに衝撃を受け、『ラブジェネレーション』、『HERO』を愛す“キムタク世代”。イケメンには目がなく、数々の若手俳優のインタビューを担当。



亀井(仮名)

36歳。元テレビ誌のライターで、数々のドラマ記事を担当。冷静沈着、情報通で特に脚本家に詳しく、2000年代のドラマはほぼ制覇。好きなドラマは杏主演の『デート~恋とはどんなものかしら~』、相葉雅紀主演の『ようこそ、わが家へ』など。


構成・文=野々山幸(TAPE)


見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』


<放送日時>



毎週木曜22時~22時54分


<出演者>



竹内結子 水川あさみ、中川大志 泉里香 バカリズム 斉藤由貴 他




カテゴリ