TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」【感想コラム】

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」【感想コラム】

今回の『 約束のネバーランド 』は、エマとノーマンがハウス脱出の為の下準備をするお話となっています。


ママ・イザベラとの対面・駆け引きは見物です。ママと駆け引きをしている時のエマとノーマンの表情にも注目して下さい!


このページの目次

1 TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」あらすじ2 恐怖に支配され…3 出荷の真実4 もう1人の心強い味方5  TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」感想
■TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」あらすじ

子供たちは「鬼」に食べられる為に育てられている。


大好きなハウスは「農園」。優しかったママは「敵」。


ハウスに隠された真実を知り絶望するエマとノーマンだったが、全員で脱獄する事を決意し計画する。


だが、イザベラはコニー出荷の夜に子供2人が門に来た事に気付いているようで…。


■恐怖に支配され…

画像引用元:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会


就寝したエマは夢を見る。その内容は「悪夢」だった。コニーの名前を呼んだエマが見た物は、生気を奪われ亡き者になったコニーの姿。そして、エマの背後から迫る巨大な「鬼」の口…「鬼」に喰われる所で目を覚ましたエマは、額に汗をかき呼吸を乱していた。


鮮明な悪夢を見てしまったエマは、朝食時に見えるママの姿に完全に委縮してしまう。コニーを売り、悪魔と共に子供たちを惨殺するママが目の前にいる…。


その恐怖・不安に支配されたエマは、目を見開き、得意な「笑顔」を作る事が出来なくなっていた…。


■出荷の真実

ノーマンの言葉に笑顔を取り戻して、ママと戦う事を決意したエマ。2人は「出荷」について話し合う事に。


「6歳以降スコアの低い順に収穫されていくんだ。そして、12歳になれば無条件で出荷される」


ノーマンの言葉に、エマは自分達が「フルスコアだから出荷を保留されてた…?」と、ノーマンに尋ねますが、真実は見えて来ませんでした。年齢、体の大きさ、体重…。思考を巡らせるノーマンが、ある答えに辿り着きます。


その答えは「脳の大きさ」でした…。ノーマンの言葉に、エマは戸惑いを見せます。


「脳が一番美味いんだろう。それも…より発達した脳が…」と、ノーマンが言葉を重ねます。出荷の真実を知ったエマとノーマンは恐怖しながらも、今までの出荷の周期を考え、次回の出荷時期を推測する事に。


「次の出荷は恐らく最短で二ヶ月後」

「それまでに全員脱出できる方法を考え出さなければならない…」


エマとノーマンは、全員でハウスを脱出する為の下準備を始めるのでした。


■もう1人の心強い味方

森の奥の柵を超え、脱出する為の下準備を着々と進めていたノーマンとエマ。


「ねぇノーマン。レイには話しても大丈夫なんじゃないかな?」と口を開くエマ。


物知りで頼りになるレイなら、落ち着いて状況を理解して協力してくれるとエマは考えていたのです。エマの言葉にノーマンは「レイには僕から話すよ」とエマに告げますが、その時、茂みの中からレイが突然現れます。


レイが現れた事にエマは驚きを見せますが、レイは気になって2人の後をつけていたと言います。


レイにコニーの末路、鬼の存在、ハウスは農園、ママが敵と言う事、自分達が見た全ての事実を伝えたノーマンとエマ…。


「ヤバくね?」と言い、レイは取り乱す事なく、2人の話をすんなりと受け入れます。脱出の話を進める内にレイは全員で逃げ出すのは不可能とエマに伝えますが、エマが聴く耳を持ちません…。


「絶対にみんなで逃げる!そうじゃなきゃ嫌だ!やだやだやだ~!!」


両手をブンブンと回し駄々をこねるエマに、レイは呆れと苛立ちを覚えます。


しかし、ノーマンの言葉に耳を傾けたレイは、策士ノーマンの言葉に、うまく丸め込まれ協力する事を決意します。


■ TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」感想

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第2話 「131045」【感想コラム】画像引用元:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会


第2話も最高に面白かったです。ダークでホラーな演出が堪りませんね…冒頭の悪夢シーンがめちゃくちゃ怖かったです。


あのような悪夢を見た後に、現実に敵が目の前にいて…そんな状況で、笑顔なんて絶対無理!!


エマに笑顔を取り戻したノーマンの力強い言葉。もう本当にかっこいいです。エマの心をグッと掴んだと思います。エマとノーマンは本当に良いコンビですね!


そして…ノーマンは本当に天才ですね!出荷について、短時間で真実に辿り着くのは本当に凄いと思いました。


子供の脳を食べる鬼…本当に怖いですね。そんな鬼に、鬼の「食糧」である子供たちだけで立ち向かうのかと思うと…。筆者なら恐怖で何も出来ませんね。


ママ・イザベラと対峙する際の、エマとノーマンの表情が最高に良かったです。声優さんの演技も輝いていました。緊張で見ているだけでドキドキが止まりませんでした!


そして、新たな仲間…レイ!頼りになりそうな匂いがしますね!


しかし、レイはエマとノーマンに何やら隠している事がありそうな感じがします。エマとノーマンが怯えているシーンでも、レイは真っ直ぐに前を見据えていたので…。うーん!続きが気になりますね!一週間が本当に長いです…。


ここから更に面白くなっていくと思うと…次回が待ち遠しくて堪りませんね…!


第3話も心待ちにしております…!!


文章:Kyouei-サイコ高橋


TVアニメ『 約束のネバーランド 』第1話 「121045」【感想コラム】





(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ