【嵐緊急会見】相葉雅紀、大野智の決断に「ひっくり返った」 仲違いは重ねて否定「絆は強くなった」

【嵐緊急会見】相葉雅紀、大野智の決断に「ひっくり返った」 仲違いは重ねて否定「絆は強くなった」

 人気グループ・嵐が27日、2020年12月31日をもって活動を休止することをファンクラブサイトで発表。同日夜、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が5人そろって都内で会見を行った。



【写真】涙目で想いを語った大野智 5人で笑顔を見せる場面も



 17年6月中旬頃、大野がメンバーを集めて「自分の嵐としての活動を一旦、終えたい」と思いを伝えると、相葉は「ひっくり返りましたね。まさか…、と」と笑いを交えて振り返る。櫻井も「俺の右にいたけど、右でひっくり返ってた。覚えてる」と合いの手を入れて和ませた。



 「嵐は5人で嵐」と何度も口にした相葉は、気持ちの整理が必要だった。嵐を継続する道を大野に相談したこともあったという。それでも最終的には「ちょっとでも同じ方向を向いていないリーダーをずっと付き合わせるのは違う。そっちの方向で進めていこうという話になりました」と大野に対する思いから、活動休止を受け入れたという。



 また、相葉はファンクラブサイトのコメントで「本当に仲が悪くなってこういう結果になった訳ではありません」と強調。その理由を問われると「そう勘違いされちゃうかなと思って。だから書かせていただいた」と明かし「逆に、話し合いを何度もして、20年という月日で一人ひとりとの絆は強くなった」と言い切っていた。



 大勢の報道陣を前にリーダーの大野は「先ほど、ファンの皆様へコメントを発信させていただきましたが、改めて2020年12月31日をもって、グループとしての活動を休止させていただくことになりました。誠に勝手ながら、僕たちの口から説明するため、この場を設けさせていただきました」と改めて報告した。



◆嵐(あらし):大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤の5人で結成され、1999年に「A・RA・SHI」でデビュー。「WISH」「Love so sweet」「Monster」「愛を叫べ」など多数のヒット曲で老若男女から愛される国民的グループへ成長。2010年から5年連続で『NHK紅白歌合戦』の白組司会に起用され、16年は相葉、17年は二宮、18年は櫻井が単独で白組司会を務めている。



◆相葉雅紀(あいば・まさき):1982年12月24日生まれ。主な出演作はドラマ『マイガール』『三毛猫ホームズの推理』『ラストホープ』『ようこそ、わが家へ』『貴族探偵』、映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』など。2011年から3年連続でベストジーニストを獲得し、殿堂入りを果たした。
カテゴリ