前枝野乃加、主演映画で感じた恋愛観 愛する人に「殺されたい感覚はわかる」

前枝野乃加、主演映画で感じた恋愛観 愛する人に「殺されたい感覚はわかる」

 女優の前枝野乃加(旧芸名:馬場野々香)と俳優の小島祐輔が28日、都内で行われた映画『歯まん』特別先行上映&舞台あいさつに岡部哲也監督とともに出席した。



【写真】相楽樹と昨年結婚した石井裕也監督



 同作は、自らの肉体の変化によって愛する人を殺してしまった少女の叫びから、「愛とはなにか? 生きるとはなにか?」という普遍的な問いかけを観客に突きつける、『生と性と愛』がテーマのダークファンタジー。



 同作で初主演となる前枝は、女子高生・遥香役で初めての性行為の最中に恋人を殺してしまうという役どころ。「(この役を)やろうと思ったのは岡部さんにお会いして、熱い想いを感じたからです」と告白。



 撮影中は「岡部監督は口数が少なくて言葉がうまくない」と笑いながら「直接ディスカッションはなく、監督の気持ちを汲み取ろうとしました。正直、がむしゃらにやっていて、自分のもがきみたいなものが投影されていたなと思います」と伝えた。



 これを聞いて岡部監督は「イメージ通りでしたよ」と難しい役を務めたことに感謝。しかし途中「馬場さんは…」と旧芸名で呼んでしまい、前枝はすかさず「前枝ですよ!」とツッコミを入れて笑わせた。



 また、演じて感じた恋愛観もあるそうで「すごく愛している人に殺されたい感覚は何となくわかります」と発言し会場を驚かせた。



 この日は、小島祐輔、水井真希、中村無何有、石井裕也監督も出席した。
カテゴリ