お家デートの楽しみ方7つ│カレとの距離がグンッと近くなる!

お家デートの楽しみ方7つ│カレとの距離がグンッと近くなる!

【恋愛コラム/モデルプレス】天気がよくない日や二人っきりでゆっくり過ごしたいときなど、おうちデートを選ぶカップルも多いですよね。でも、せっかくのデートなのにゴロゴロして一日が終わってしまったり、過ごし方がパターン化してマンネリしがち…。今回はそんなマンネリを打破する、おうちデートの楽しみ方をいろいろなプランでご紹介していきます。

♥なんといっても定番は映画鑑賞

やっぱりおうちデートの定番プランといえば、映画鑑賞ですよね。

レンタルショップで観る映画を選ぶところからデートの始まりです。

いい雰囲気を狙うのであればラブストーリー、楽しく笑いながら距離を縮めるならコメディ映画、アクション映画の迫力シーンを使ってさりげなくボディタッチを狙う…なんてこともできるかも?

最近ではネット動画サービスもありますし、各サービスでたくさんの映画が配信されています。

おうちの近くにレンタルショップがない場合や天気が悪い日なんかは、ネット動画サービスを使っておうちの中で完結させるのもいいでしょう。

♥話題の番組で二人の時間を共有
映画もいいけど、楽しく笑って盛り上がりたいときにはお笑い番組やドラマなど話題の番組を観るのもおすすめ。

テレビ番組なら一本あたりの時間も短いのでさくっと見られて、他のプランと合わせて楽しむこともできます。

最近ではネット動画サービスにもバラエティ番組が増えてきているので、レンタルショップに行かなくてもお家にいながら選ぶことも可能。

恋愛リアリティショーからお笑い番組まで、ラインナップが充実しています。

♥共同作業で自然と距離が近くなる!料理プラン
おうちデートで悩みがちなのが食事。

デリバリーやコンビニもいいけど、やっぱり温かい手料理が食べたいですよね。

今の季節であれば、シチューやお鍋など温かくて簡単な料理がおすすめです。

逆に少し手の込んだ料理で相手をびっくりさせるのもいいかも。

オムライス、ハンバーグ、肉じゃがといった「ザ・胃袋ゲット飯」を作ってみるのも良いですね。

いつもとは違う家庭的な一面を見せれば、相手はさらにあなたのことを魅力的に感じるはずです。

♥お互いをもっと知るきっかけに。昔の写真を見る
子どもの頃の写真や学生アルバムなど、昔の写真を見ながらその当時のことを話してみると、それまで知らなかった相手のことを知れるきっかけになるかも。

子どもの頃の将来の夢は?どんなことが好きだった?何をして遊んでた?学生時代の一番の思い出は?など、写真を見ながらお互いに質問し合ってみると会話も弾んで盛り上がるでしょう。

相手の話を聞いているうちに、自分も同じ空間にタイムスリップした気分になれるはず。

♥最高のデートプランを立てよう!

二人で一緒に次のデートプランの計画を立てる、なんておうちデートの楽しみ方も。

どこに行く?何をしたい?日帰り?それとも旅行?

二人で考えていたらわくわくしてあっという間に時間が過ぎてしまいそう。

季節に合わせたデートスポットや、話題のお店を目的に出かけるなど、二人のアイデアを出し合って最高のデートプランを立ててみてください。

プランが決まったら、お互いの着て行く服を決めたり、お揃いのアイテムやリンクコーデにしても楽しいかもしれないですね。

♥二人でこれまでの思い出を振り返ってみる
付き合いが長いカップルであれば、二人の思い出を振り返りながらアルバムを作ってみるのもいいでしょう。

これまでに撮りためた写真を見返しながら、その時々の思い出を二人で語り合えば付き合った頃の初々しい感情も思い出せるはず。

アルバムにするのが大変であれば、スマホのアプリを使って動画にしてみるのもいいかもしれません。

思い出の音楽をBGMに、写真にコメントを添えれば二人だけのメモリアルムービーの完成!

ケンカしたときに見返せば仲直りのきっかけにもなるかもしれないですね。

♥相手の意外な一面が見えるかも?ゲームで対決
楽しい時間を過ごすにはやっぱりゲームが一番!

テレビゲームやスマホゲームで対戦するのももちろん楽しいですが、ボードゲームやトランプなど昔ながらのゲームで遊んでみるのも盛り上がりそう。

普段は温厚な彼が負けるとムキになったり、必死になってる相手の姿を見れたり、これまでにない新たな一面を発見できるかもしれないですよ。

7つのおうちデートの楽しみ方をご紹介してきました。

一つずつ実践してみるのも良し、いくつかを組み合わせて充実した一日を送るも良し。

二人の気分と雰囲気に合わせて楽しいデートプランを作ってみてください。

素敵なおうちデートになりますように。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
カテゴリ