武田真治、筋トレのきっかけを作ったのはあの女優X だった!歴代彼女を全告白

武田真治、筋トレのきっかけを作ったのはあの女優X だった!歴代彼女を全告白

2月1日放送『ダウンタウンなう』





ダウンタウンと坂上忍さんがゲストとお酒の席で赤裸々トークを展開する『ダウンタウンなう』の「本音でハシゴ酒」。2月1日の放送は、ゲストに佐藤仁美さん、武田真治さんを迎えてお送りしました。


■綾小路翔のタレコミに一同騒然!





俳優、サックスプレーヤーの武田真治さんは、昨年、自慢の肉体をいかしたNHKの番組が大ヒットし「筋肉は裏切らない」で流行語大賞にもノミネート。現在、セカンドブレイク真っ只中です。今回は、そんな武田さんのデビュー後の彼女を、すべて教えていただきました。



武田さんがデビューからお付き合いした女性は、現在の彼女を含め5人。



1人目:有名女優X

(武田さん20代)



ドラマ、バラエティにと人気絶頂の20代を捧げた彼女は、女優Xさん。共演をきっかけにお付き合いがスタートしたというふたり。「そのころ、僕の役どころがイケイケだったんでしょうね。だからその現場での雰囲気が良かったのかもしれない」と振り返ります。



交際期間は、2年。その間、特に隠すということもなく週刊誌に追いかけられ、「彼女の夏休みの帰省に合わせて、何日か(彼女の実家に)寄ったら『結婚間近』みたいに撮られてしまって。自分の気持ちの整理より先に、周りが。それで追いつかなくなって…」破局したのだそう。



また、当時サックス奏者としても活動を始めていた武田さんは、プレッシャーやストレスで顎関節症に。食いしばる力を全身に分散させる必要があり、「トレーニングしてみたら?」と勧めたのが、女優Xさんだったそう。「割と体育会系の方だった。ほかの誰に言われても、僕はできなかったと思う。この方がいるから今の自分はいる。感謝しています」と語りました。



2人目:ハーフ美女A

(武田さん20代後半)



若くして芸能の世界に入った武田さんは一般の世界との接点がなく、「同世代がやっている仕事を手伝いたい」と思い立ち、洋服屋さんで働いていた時期があったそう。そこで「お店の前を通りかかった子をナンパした」と告白。結婚を意識していたそうですが、年下の彼女に青春を謳歌してほしいという思いから「旅行に行きたい」と言われれば、お金を出していたといいます。しかし、それが裏目に出て「海外に男ができちゃって(笑)」破局。



武田さんは「何か、僕に都合の悪いことでも、最初に相談してほしかった。それは『僕以外に好きな人ができた』でもいいから」と語り、一同は苦笑い。ここで夏菜さんが「(武田さんは)日本人にはない、ナルシシズムみたいなのがありませんか。『セクシー過ぎて…もう納豆!』みたいな(笑)」と語り、男性陣は妙に納得。



3人目:ハーフ美女B

(武田さん30代前半)



4人目:スロベニア美女

(武田さん30代後半)



カタコトの英語でやりとりしていたというふたり。よくケンカをしたそうで「シンジは感情で言ってるけど、私は今ジーザスに言わされてる」というようなことをよく言われたそうで、武田さんも「じゃあ、こっちも『ブッダ出すぞ』みたいになっちゃって」。



5人目:歯科衛生士

(武田さん46歳/現在)



「この流れでいくと、今度はどこ(の国の人に)行くの?」と、話を振られた武田さんは「帰ってまいりました!」と日本に帰還したことを報告し、一同爆笑。交際は2年になり、結婚も視野に入れているとのこと。武田さんは「『めちゃイケ』が終わるときに、“オリンピックまでにできないやつは、結婚できない”って、加藤浩次さんが捨てゼリフ残していったので…」と、東京オリンピックまでに、と考えていることを明かしました。



しかし最後には、親交の深い綾小路翔さんが登場し、仰天のタレコミが。以前、武田さんから「翔さん、女性とかは?」と聞かれ「そりゃもう、好きか嫌いかと言われれば好きですけど」と答えると、その後、ものの20分くらいで女性が20人も集まったんだそう。武田さんは「覚えてない…」と、とぼけますが、松本さんから「例えば、今からでも呼べる?」と聞かれると「呼びましょうか?」と即答し、一同を驚かせます。「マジか」「だめだこりゃ」との声が飛び交い、大盛り上がりの「ハシゴ酒」となりました。


■番組情報


『ダウンタウンなう』


<放送>



2月1日(金)21時55分~22時52分


<出演>



【MC】



ダウンタウン(浜田雅功 松本人志)


【お店案内人】



坂上忍


【飲み仲間】



夏菜


【ゲスト】



佐藤仁美

武田真治



カテゴリ