声優・岩田光央が語る声優ウラ話 その内容とは?

声優・岩田光央が語る声優ウラ話 その内容とは?

「AKIRA」の金田正太郎役などでおなじみのベテラン声優・岩田光央さん。今回はそんな岩田さんの著書『声優道 死ぬまで「声」で食う極意』の内容をご紹介したいと思います。


このページの目次

1 子役から声優業界へ2 声優養成所講師としての横顔3 岩田さんを支えた千葉繁さんの言葉とは?4 他にも声優ウラ話がたくさん・・・
■子役から声優業界へ

岩田さんは小学校4年生の時からお芝居の仕事を始められた、子役出身の声優さんです。現在活躍している人気声優さんにも子役経験のある声優さんはいらっしゃいますが、子役時代の声優さんのお話を聞ける機会はあまりないと思います。そういう意味では岩田さんのお話は貴重なのではないでしょうか。


子役として活躍し、映画やドラマを中心にお芝居の仕事を続けてこられた岩田さん。当時から声の仕事も少しずつされていたらしいのですが、大きな転機になったのが、アニメ「AKIRA」金田正太郎役の抜擢だったと語られています。その後声優事務所に移籍してから声優業の仕事が増え、本格的に声の道に進むようになったとのこと。


また岩田さんが若い頃は「声優は売れない俳優がやる仕事」というイメージが強く、岩田さん自身も俳優と声優という立場の違いに悩まれた経験があるとも語られています。


今の声優業界の人気からすれば信じられないような話ですが、このようなエピソードを聞けるのも子役経験があり、業界に詳しい岩田さんだからではないでしょうか。


■声優養成所講師としての横顔


岩田さんは声優として活躍するかたわら、現在声優養成所で講師のお仕事もされているそうです。講師として若い声優志望者たちと接するなかで、今の声優志望者たちに不安や危機感を感じているとのこと。


なんでも最近の声優志望者は声優という職業の不安定さを考えず、安易な気持ちで志す人も多いのだとか。しっかりとした目標や危機意識をもたずなんとなく声優になりたいという若者に、講師の立場からアドバイスする岩田さんの真剣さが伝わってきます。


また声優と声優講師という立場から、今の声優業界の現実や問題点なども多く語られています。声優志望者個人の問題と、業界全体の課題点が合わさった結果、声優業界に深刻なミスマッチが生まれていることがよくわかりました。


■岩田さんを支えた千葉繁さんの言葉とは?

この本の印象的なエピソードで、岩田さんが若い頃お芝居の仕事のかたわら、デザイン事務所で働いていた時のお話があります。事務所の社長から、役者かデザイナーかどちらか一本に絞れと言われ悩んだ岩田さんは、劇団の先輩・千葉繁さんに相談します。千葉さんといえばワンピースのバギー役などでおなじみの大御所声優さんです。


千葉さんに相談した結果、役者を仕事にしたいという気持ちを確認した岩田さん。そのとき千葉さんは岩田さんに「5年後の自分をイメージしてごらん」と言葉をかけたそうです。


5年後のイメージした自分になるためには、その前の3年後、1年後に自分がどうなっていないといけないかも当然考えなければいけません。すると必然的に未来のイメージから逆算して、今自分がしなければいけないことが分かってきます。岩田さんは千葉から、夢をかなえる覚悟とその方法を教わったと振り返っています。


千葉さんのこのメッセージは声優志望者だけでなく、これから夢や目標を追う全て人に響くものではないでしょうか。


■他にも声優ウラ話がたくさん・・・

ここで紹介したお話以外にも、声優のSNSのフォロワー数がキャスティングに影響している?、今流行りのアイドル声優の現実、声優の旬のサイクルなど、声優業界にまつわる具体的なウラ話がたくさん語られています。


シビアな内容も多いですが、良くも悪くも今の声優業界について知りたい!という方には勉強になること間違いなしです。気になった方は是非読んでみて下さい。



声優道 – 死ぬまで「声」で食う極意 (中公新書ラクレ)|Amazon


声優・梶裕貴の初の著書「 いつかすべてが君の力になる 」の内容が深い!





(あにぶ編集部/ふきのとう)
カテゴリ