意中の彼から「あの子、なんか気になるなぁ」と思わせる方法3つ

意中の彼から「あの子、なんか気になるなぁ」と思わせる方法3つ

どうしても自分に振り向かせたい意中の彼がいる場合、みなさんはどうしていますか?


ワザとらしく近づいていくのは不自然だし、不信感を抱かれたらおしまいです……。


彼の脳裏に印象をしっかり植え付けられるように、「あの子、なんだか気になる」と意識してもらう方法をまとめてみました。



計画的なアイコンタクト


目が合うと誰しもその人を意識せざるをえません。気になる彼の視線を追って、意識的に目を合わせる機会を増やしましょう。


目を合わせる回数が増えるたびに、「もしかしてあの子、俺に気があるのかな?」とか「こんなに視線がぶつかるなんて、俺たち気が合うとか…?」なんて思ってくれるかもしれません。


そんな風に彼が思い始めたらこっちのものです。一度気になり始めたら、どんどん気になって仕方がなくなるでしょう。


さらに時々は、目が合ったら恥ずかしそうに逸らすというテクも取り入れてみてください。


女性の恥ずかしそうなそぶりを目の当たりにした彼はドキドキして余計に気になる存在になるはずですよ。


同じ時間の車両に乗る


気になる彼と通勤ルートが同じならば、彼と同じ電車に乗りましょう。行きはもちろん、帰宅もちょいちょい合わせたいですね。


また、彼のよく行くカフェで同じ時間にお茶したりと、偶然を装って計画的にシンクロさせましょう。「この子よく一緒になるなぁ、まさか、運命の人なのかも…?」と思ってくれるかもしれません。


そして、こうした行動が定着したら、今度は彼に会わないようにするのがミソ。突然見かけなくなると、彼は「あれ?いつも同じ車両に乗っている彼女…最近見かけないな…。どうしたのかな。気になるな…」と焦燥感をあおることができるかも。


偶然のフリして遭遇しまくっても、絶対にしてはいけないこともあります。それはタイミングを合わせすぎたり、彼の家まで尾行したりすること。度がすぎるとストーカー扱いされてしまうのでほどほどに。


彼の故郷を匂わせる


自分の故郷や地元のことになると気が緩むのが人情というもの。彼の出身地などを下調べして、話題を振ってみましょう。


例えば、「先日、新潟旅行のお土産を友達にもらったの。○○君の故郷も新潟だったよね?笹団子いっしょにどう?」などと誘うと、親近感で態度が軟化しますよ。


故郷ネタは懐かしい気持ちが湧いてきて話も盛り上がります。その話をきっかけに、彼から「今度は新潟の別のスポットを案内するよ」なんて言われるかも。


直接その土地に出向けなくても、最近はアンテナショップからも名産品を購入できるので、ぜひ活用したいですね。


自分の生まれ育った土地を褒めてくれたり、興味をもってくれたりする人に親近感が湧くものです。


あなたもその1人になってみてはいかがでしょうか。


まとめ


気になる彼から「なんかあの子、気になるなー」思われたならば、恋愛につなげるチャンスです!


意中の彼を遠くからただ見てるだけでは、お付き合いには発展しません。


女性側のちょっとした細工めいた作戦で、彼の気を引くことができることもあるので、どんどん使っちゃいましょう。


(森山まなみ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ